ガイド

GitMindフローチャートツールの使い方

GitMindとは?

GitMindはオンラインでフローチャートやマインドマップ、スイムレーン図、UML図、シーケンス図などを簡単に作成することができるツールです。

GitMindフローチャートツール

作成開始

登録&ログイン

GitMind公式ページにアクセルして右上にある「Login(ログイン)」を押します。「今すぐ新規作成」を押してアカウントを作成します。メールアドレス以外に、GoogleやFacebook、Twitterアカウントでログインできます。

登録とログイン

マイアカウント

右上隅にある「マイアカウント」をクリックしてニックネームを変更したり、他のアカウントをバインドしたり、アバターを変更したりできます。

ファイル管理

新規フローチャートの作成

新規フローチャートの作成は2つの方法があります。1つは上部にある「新しフローチャート」をクリックします。2つは「マイファイル」>「新規作成」>「新しいフローチャート」の順にクリックします。

新しいフローチャート作成

名前を変更する

ファイルを右クリックして「名前の変更」を選択して変更します。

名前を変更する

移動&コピー

目標のファイルを右クリックして「…にコピーする」または「…に移動する」を選択します。

移動とコピー

削除&元に戻る

目標のファイルを右クリックして「削除」を選択すれば、ファイルが削除されます。徹底的に削除したい場合、ゴミ箱の中でそのファイルを削除します。もし削除してしまったファイルを復元したい場合、ゴミ箱で右クリックして「取り消す」を選択します。

削除と復元

一括操作

「マイファイル」の中で「多選択肢」をクリックすれば、複数のファイルを選ぶことができます。その後一括で名前の変更や削除、コピー、移動などが行えます。この機能により、時間を大幅に節約し、作業効率を向上させることができます。

一括操作

並び替え

「マイファイル」ページで、右上隅にある並べ方(多選択肢の横)で、時間と名前で昇順または降順で並べ替えることができます。リストまたはグリッド表示でファイルを表示することも可能です。

並び替え

共有

「マイファイル」ページで、ファイルを右クリックして共有します。リンクをコピー、またはFacebook、Twitter、Telegramと直接に共有可能です。共有すればGitMindポイントを獲得できます。ファイルのパスワードと期間を設定することもできます。さらに、視聴者にマインドマップをコピーさせるかどうかを設定できます。

共有

テンプレートを使用する

テンプレートを使用する

「人気テンプレート」をクリックして利用したいテンプレートを選んで開いて、「テンプレートを使用」を押せば、そのテンプレートを利用できます。

テンプレートを使用する

フローチャートを書く

図形を管理する

GitMindフローチャートツールは数多くの図形を提供しています。図形の追加や折り畳みもできます。

図形管理
ドラッグアンドドロップ

フローチャート編集画面で左側の図形を選んで、用紙にドラッグして追加します。

ドラッグアンドドロップ
サイズ

図形を選択し、値を入力して長さと幅を調整します。複数の図形を選択して一括調整を適用することもできます。

サイズ
スタイル

図形を選択すると、塗りつぶしの色、線の色、境界線、その他のパラメータをカスタマイズできます。

スタイル
テキスト

テキストをダブルクリックすると、右側でテキストのフォント、位置、色、間隔、その他のパラメータを設定できます。

テキスト
調整

キャンバスで図形を選択すると、右側の「配置」で位置、角度、方向を調整できます。

調整
サイズのコピー

図形を選択し、「Copy size(コピーサイズ)」をクリックします。その後別の図形を選択して「Paste size(サイズの貼り付け)」をクリックします。

サイズをコピーする
検索

検索ボックスで使用したい図形のキーワードを入力して素早く検索できます。

図形を検索する
ロック

図形を選択してから、上部のツールバーの「ロック」をクリックしてロックされ、マウスで移動することはできません。移動したい場合は「アンロック」をクリックしてください。

ロック
グループ

複数の図形を選んでから「レイアウト」>「グループ」の順に選択してグループにします。「グループ解除」を選択すればグループを解除します。ショートカット「Ctrl + G」を使用してグループし、「Ctrl + Shift + U」を使用してグループ化を解除することもできます。

グループ
接続ポイント

フローチャートを開いて右側で「接続ポイント」にチェックを入れます。図形を選択して、表示された接続点をクリックして別の図形繋げることができます。

接続ポイント

インポート

「ファイル」>「インポート」の順にクリックして、導入したいファイルを選びます。

インポート

コネクタ

コネクタを選択した後、線の方向、幅、スタイルをカスタマイズできます。

図形繋げる

フォーマットペインター

図形を選択して「フォーマットペインタ」をクリックします。それから、他の図形を選択すると、前の図形の塗りつぶし色、境界線、及びその他の属性を他の形状に適用します。

フォーマットプリンター

フォーマットを削除

図形を選択し、上部ツールバーの「フォーマットの削除」(消しゴムアイコン)をクリックして、塗りつぶし、境界線、その他の属性を含むすべてのフォーマットを削除します。

フォーマットを削除する

スイムレーンを追加

左側のライブラリーからスイムレーンを選択し、直接に用紙にドラッグして使用します。スイムレーンを追加したい場合、1つのレーンを選択して、青い矢印をクリックします。

スイムレーンを追加する

画像の追加

上部にある「挿入」をクリックして画像、テキスト、ハイパーリンクを追加できます。

画像を追加する

出力

「エクスポート」を押して、作成されたフローチャートをPNG、JPG、SVG、PDFで保存します。

出力する

図の画質を上向させる

フローチャートをプリントする場合、図形や文字が小さいすぎるとぼやけてしまいます。図形を拡大して解像度を上げることができます。

フローチャート図の画質をあげる

印刷

上部ツールバーの「ファイル」>「印刷」の順にクリックし、印刷設定をしてフローチャートを印刷します。

印刷

その他

上記のGitMindフローチャートツールのガイドをご参考ください。もしご使用中に何かご不明な点などがありましたら、サポートセンターに連絡してください。

評価: 4.3 / 5 (合計16人評価) ご評価をいただいて誠にありがとうございました

コメントを書く

お名前を記入してください!
コメント詳細を記入してください!

コメント (0)