ガイド

GitMindの使い方ガイド

GitMindについて

GitMindは、創造的かつ効率的な無料のオンラインマインドマップツールです。多様なテーマとレイアウトにより、ユーザーはマインドマップ、組織図、論理構造図、ツリーマップ、フィッシュボーンダイアグラムなどをすばやく描画できます。また、このツールを使用すると、マインドマップを友人や同僚と共有し、さらに共同編集ができます。作成したマインドマップは自動的にローカルおよびクラウドに保存されます。クラウドは、Windows、Mac OS、またはモバイルデバイスのWebブラウザーからどこからでもアクセスできます。GitMindの使用方法については、以下のマニュアルガイドに従ってください。

ソーシャルメディアで我々をフォローしてください:

☆ Instagram: @gitmindmap
☆ Facebook: @gitmind
☆ Twitter: @gitmindmap
☆ Youtube: GitMindガイド動画

新規フォルダ

新規フォルダの作成

[私のマインドマップ]に移動し、空白スペースを右クリックして[新規フォルダ]を選択します。新しいフォルダを作成したら、自由に名前を変更、コピー、移動、削除できます。

マインドマップの作成

「新規作成」をクリックして空白のマインドマップを作成するか、空白スペースを右クリックして新しい空白のマップを作成します。

新規のマインドマップ

ホットキーの使用

「ノード操作」、「インターフェースの調整」、および「編集」セクションでホットキーを使用できます。右下の[疑問符]アイコンをクリックすると、ホットキーの使用方法をすばやく確認し学習できます。

ホットキー操作

ノードの編集

ノードの追加

ノードを追加するには3つの方法があります。
1. 1つのノードを選択し、「Tab」キーを押してサブノードを挿入し、「Enter」を押して兄弟ノードを挿入し、「Shift + Tab」を押して親ノードを追加します。

2. 1つのノードを選択し、ナビゲーションバーの上部にあるアイコンをクリックしてノードを追加します。

3. アウトラインモードにアクセスし、「Enter」を押してノードを追加し、「Tab」を押してサブノードを挿入します。

ノードの追加

フローティングノード

フローティングノードを追加するには2つの方法があります。
1. 上のツールバーにある四角いアイコンをクリックし、フローティングノードを追加します。

2. 画面のどこかに右クリックして、「フローティングノード」を選択します。

フローティングノード

ノードの削除

ノードを選択し、「削除」ホットキーを押してノードを削除します。ノードを右クリックし、「削除」をクリックして操作を完了することもできます。

ノードの削除

ノードの移動

ノードの置き換え:マウスを使って、ノードをドラッグアンドドロップすれば良いです。

ノードの再分割:ノードAをノードBに移動すると、ノードAはノードBのサブノードになります。

ノードの移動
ノードの上下移動:「Alt + Up」をクリックしてノードを上に移動し、「Alt + Down」をクリックしてノードを下に移動できます。また、アウトラインモードでマウスを使い、箇条書きをドラッグアンドドロップすることもできます。

ノードの上下移動

関係線

二つのノードをつなぐには、一つのノードを選択して左側のツールバーの「関係線」をクリックしてください。もう一つのノードを指定したら、関係線が現れます。黄色い点をドラッグして位置を調整したり、「×」をクリックして削除したりすることができます。

関連線

テーマの変更

既存のテーマ

新しい空のマップを作成すると、デフォルトでテーマが作成されます。テーマを変更したい場合は、左側の「テーマ」アイコンを押すだけでスタイルを変更できます。

テーマ変更

スタイルのカスタマイズ

内蔵のテーマに満足できなければ、自分でカスタマイズすることもできます。左側の「スタイル」にアクセスして、ノード間隔、バックグラウンドの色、線、囲みなどを自由に調整できます。

スタイルのカスタマイズ

カラーを一括適用

ブランチの色を短時間に調整できるように、ブランチの色もいくつか提供されています。

ブランチカラーの変更

背景の変更

マップの背景をいくつか用意いたしました。単色、ノート用紙、グリッドテクスチャとグラデーションカラーから選択可能です。

背景変更

レイアウト

レイアウトの選択

新しい空白のマップに移動し、右上のツールバーの「レイアウト」をクリックしてレイアウトを変更します。実際のニーズに応じて、マインドマップ、ロジックチャート、ツリーチャート、組織チャート、フィッシュボーンに変更できます。

レイアウト

レイアウトのリセット

マインドマップが乱れている場合は、右上のツールバーの[レイアウトのリセット]をクリックして、ワンクリックでレイアウトを調整できます。

レイアウトのリセット

フォント

部分的フォント編集

テーマを一つ選択し、上部のナビゲーションツールバーから「テキスト」ボタンをクリックすれば、フォント、フォントサイズ、テキストのフォントカラー、ノードのバックグラウンドカラーを設定できます。ハイライトするには、色を変更し、対象のテーマにバックグラウンドカラーを追加すれば良いです。

フォント編集

添付ファイル

ノードを選択した後、ツールバーの「添付ファイル」をクリックすれば、ハイパーリンク、画像、コメントの挿入や削除ができます。画像のサイズはドラッグアンドドロップすることで調整できます。

アタッチメント

アイコン・タスクの優先度

追加するには対象のノードを選択し、左側のツールバーの「アイコン」をクリックしてください。特定のアイコンを削除するには、表示ボックスのアイコンを再度クリックすれば良いです。「すべてを削除」をクリックすれば、複数のアイコンをワンクリックで削除できます。

アイコン

アウトライン

アウトラインモードでマップ全体の編集、エクスポート、閲覧ができます。

編集:「Enter」を押しノードを追加します。「Tab」を押しサブノードを挿入します。

ワードファイルのエクスポート:「W」アイコンをクリックして、アウトラインをワードのドキュメントファイルに出力します。

ノードの上下移動:アウトラインモードで、マウスを使用し箇条書きをドラッグアンドドロップします。

アウトラインモード

共同編集

GitMindは、チームでマインドマップを作成する機能を提供します。右上隅の[共同編集者を招待]をクリックする限り、他の人と共同編集できます。すべてのコメントと編集を同期できます。

共同編集者を招待する1つの方法は、リンクを使用することです。 [リンクをコピーする]をクリックして、リンクと招待コードを友人や同僚に送信します。

メンバーを招待するもう1つの方法は、電子メールを使用することです。電子メールを入力してEnterキーを押す限り、招待できます。

共同編集

一括操作

[私のマインドマップ]タブで、「多選択肢」をクリックします。
一括で管理するマインドマップを選択し、名前の変更、移動、コピー及び削除が可能です。
この機能は、ユーザー様の時間の節約や仕事効率の向上に役立ちます。

一括変更

保存

作成したマインドマップはクラウドに自動的に保存できますが、ネットワーク状況が悪い場合は、ページを絶対に閉じないでください、右上隅の[保存]をクリックしてすべてのデータを手動で保存できます。

保存

マップの更新履歴

マップを古いバージョンに戻す場合は、上部のツールバーの「更新履歴」をクリックしてください。
マップの名前を入力し、バージョンを1つ選択し、プレビューしてロードします。

更新履歴

共有

右上の「共有」をクリックし、マインドマップを共有できます。新しいポップアップウィンドウで「リンクをコピー」をクリックすると、リンクを同僚や友人に送信してマインドマップをみせることができます。シェアしたマインドマップにパスワードや制限時間を設定することもできます。

共有

エクスポート

「エクスポート」をクリックし、マインドマップを画像、テキストとしてエクスポートします。

エクスポート

結論

上記のGitMindのマニュアルガイドを参照してください。サービスの使用に関して質問がある場合やその他の意見がある場合は、弊社のサポートセンターから問い合わせをご送信ください。

評価: 4.3 / 5 (合計9人評価) ご評価をいただいて誠にありがとうございました

コメントを書く

お名前を記入してください!
コメント詳細を記入してください!

コメント (0)