美しいマインドマップを作る方法 – コツと基本

前回更新 2019/10/25 更新者

マインドマップは、目で見る思考ツールです。ビジネスにも、普段の生活にも、活用することができます。ご自身のマインドマップが受け手に伝わりにくかったら、マインドマップを利用する意味がありませんよね。今回は、GitMindを利用して美しいマインドマップを作成する際のコツと基本を紹介します。

マインドマップを作るための5つの基本

類似性

関連した要素は、近くに置いておくべきです。分類は、マインドマップを作る際の基本的な理論です。類似した考えやトピックを整理する際に、似たようなスタイルを同じ大きなカテゴリーにグループ分けしたり統合したりしましょう。類似の原理は、自分のアイディアを分類するだけでなく、受け手が視覚的に理解しやすくなります。

類似性

多様性

デジタルのマインドマップの最大のメリットの一つは、手書きのマインドマップと比べて多様な視覚的効果の使用が可能であるという点です。色、形、幅、サイズ、フォント、構成など。多様性によって、マインドマップはより読みやすく、意味の深みが増します。

こんな言葉がありますよね。「百聞は一見に如かず」。あざやかな色で受け手を刺激して、トピックに集中できるようにさせられます。ほぼすべてのマインドマップ製作者が、パソコンやネットのイメージを使用しており、特に優れた人は動画を組み込んでいます。メディアが豊富であることで、マインドマップの効果を最大限引き出すことが可能です。

多様性

明解さ

マインドマップの明確さを高めるために、出来るだけコンテンツを視覚化して、簡単なフレーズで説明しましょう。

論文を書いているような時は、特定の論理やシーンを説明するために複雑かつ漠然とした表現を使う必要はあるでしょう。しかし、マインドマップで自分のアイディアをプレゼンしている時は、シンプルであればあるほど、受け手が理解をしやすくなります。

マインドマップ‐明解さ

読みやすさ

マインドマップの読みやすさは、様々な方法で改善することが可能です。方法なメディアでマインドマップが読みやすくなることは、すでにお話ししました。基本的に、マインドマップが示すのはあなたの考えです。そのため、まず自分のマインドマップのトピックに読む価値があるかどうかを見極めましょう。決定木に関して言えば、全体像が必要です。原因や効果の分析には、可能な原因があなたのロジカルシンキングを反映していなくてはいけません。本のレビューに関しては、起こったことを書き連ねるより、感情を書いた方が良いでしょう。

マインドマップ‐読みやすさ

個性

あなたのマインドマップはあなた自身の考えであるため、世界中に同じようなマインドマップを見つけることは出来ないはずです。それこそ、個性です。マインドマップを作成するのに、他人の言葉を参照してはいけないということではありません。しかし、中心となる部分はオリジナルのコンテンツである必要があります。

マインドマップ‐読みやすさ

マインドマップを作成するためのコツ

  • 適切な構成を選ぶ

ロジックチャート これは垂直の構成で、フォーマルな理論を提示します。

ツリーチャート 系図や決定木に使用されます。

オーグチャート 組織のヒエラルキーを表わすのに適しています。

フィッシュボーンチャート 原因・効果ダイアグラムとも呼ばれており、メーカーがあり得そうな原因を分析するために利用します。

  • 添付要素の柔軟な利用

イメージ、アイコン、ハイパーリンク、コメント、進捗、優先順位など、様々な添付要素が存在します。美しいマインドマップを作成するためには、少なくとも基本的なイメージやアイコンを使用してください。ハイパーリンクは、より多くの詳細を示してくれます。進捗と優先順位は、タスクマネージメントにおいてよい視覚ツールです。

  • ブレインストームテクニックを使用する

ブレインストーミングは今に始まったことではないですが、効果的に行うことは簡単ではありません。ブレインストーミングには様々な方法が存在します。グルーピング・パッシングテクニック、ガイドブレインストーミング、質問ブレインストーミングなどです。皆さんの創造性を刺激することが鍵です。

終わりに

マインドマップを作成するための、コツと原理をご紹介しました。皆さんの実体験はどうでしょうか?この記事が役に立ったら、コメントでお聞かせください。

評価: 4.3 / 5 (合計6人評価) ご評価をいただいて誠にありがとうございました
avatar
著者: 関連カテゴリ: 小技&ヒント. 前回更新 2019/10/25

コメントを書く

お名前を記入してください!
コメント詳細を記入してください!

コメント (0)