写真を文字にする方法・写真文字起こしアプリ

前回更新 2021/12/30 更新者

大切な写真データ資料を写真で保存されたが、再編集をしたい時に画像の中の文字をどうやって抽出できますでしょうか。単語が少ない場合でも問題ありませんが、長い文章の場合、単語ごとに入力するのは非常に面倒ですね。今回は画像の文字をテキスト化するとても便利なアプリを3本お勧めしたいと思います。無料でも利用できるのでぜひご覧ください。
GitMind無料ダウンロード

写真を文書に変換するアプリ

GitMind

プレゼンテーションとは

GitMindはWeb、パソコン、スマホとタブレットなどのデバイスで利用できる、とても便利なマインドマップアプリです。スマホ版はWeb版とデスクトップ版ほど機能が多くないですが、様々なテンプレートやテーマ、カスタムできる色デザイン以外に、OCR
(文字認識)や閲覧モードなどの実用機能が備えられ、スマホでもマインドマップアプリで思考をしたり、計画を立てたりできます。GitMindを利用して写真をデータ化する方法は以下です。

  1. GitMindのアプリ版を起動して、新規マインドマップを作成します。
  2. ノードを追加して画像を読み込みます。
    画像を追加する
  3. その後、画像のノードをタップして「OCR」を選択します。
    文字認識する
  4. 言語は「日本語」を選択します。
    言語を選択する
  5. そうすれば認識が始めることができます。認識された後、文字が表示されます。コピーや直接にマインドマップに作成できます。
    写真テキスト化

GitMindのWeb版とデスクトップ版はマインドマップ以外にフローチャートも作成可能です。そして共同編集や集中モード、フローティングノードの追加、印刷、更新履歴など、より便利で簡単にマインドマップやフローチャートの作成と保存、共有が可能です。

GitMind

LINE

LINE

LINEは連絡用の非常に人気なアプリとして、普及されています。LINEは便利なチャットやデータ転送機能以外に、画像から文字を読み取ることも可能です。トークの添付画像をタップして、右上にある「A」をタップすればトークの添付画像の文字を認識できます。認識された文字をコピーできるのでとても便利です。

Googleフォト

Googleフォト

Googleフォトは画像などのデータをクラウドで保存する以外に画像の文字をコピペすることもできるます。GoogleフォトのOCR機能を利用して撮影した写真から文字認識が可能です。使い方もとても簡単です。写真を開いて認識マークをタップするだけで写真の文字を読み込み、コピーできます。

まとめ

写真テキスト化できるアプリは他にもたくさんありますが、今回紹介された3本のアプリは毎日利用可能ですのでお勧めします。GitMindというマインドマップアプリなら、勉強や仕事、自己管理に非常に役立ちます。写真で情報を集めることは今後きっとますます普及されます。より高効率で作業を行いたいならぜひご利用ください。

評価:4.3 /5(合計13人評価)ご評価をいただいて誠にありがとうございました
avatar
著者: 関連カテゴリ: 未分類. 前回更新 2021/12/30

コメントを書く

お名前を記入してください!
コメント詳細を記入してください!

コメント (0)