Mac向けのフローチャートアプリ厳選・比較

前回更新 2021/08/19 更新者

Macパソコンを使っている方が少なくないと思いますね。その素晴らしいパフォーマンスやiPhoneとの互換性、綺麗な外観などの原因で、たくさんの愛用者がいます。けれどMacパソコンに対応しているアプリはWindowsほど少ないため、Macユーザーはきっと悩んでいますよね。
また、Macパソコンは社内で使用されるケースが多くて、フローチャートという実用図表の作成アプリを使用したい場合どうすればいいでしょうか。それら問題を解決するために、今回はMacで使えるフローチャートツールを紹介したいと思います。どれでも厳選されたフロー図ツールぜひご参考ください。
GitMind無料ダウンロード

Mac向けフローチャート作成ツール

GitMind

GitMindはほとんどのデバイス上で動作できるマインドマップ・フローチャートアプリです。簡単に綺麗なマインドマップを作成できる以外に、手軽にフローチャート書くことも可能です。エクセルでフロー図を書く時に一々図形や線を追加する必要ですが、GitMindの場合は数回のクリックだけで出来上がります。共同作業や様々な形式で出力、印刷、共有、自動保存などの機能までも備え、非常に使いやすいMacで使えるフローチャート作成ソフトだと思います。

GitMind

特徴:

  • 無料利用可能(詳しいは利用規約まで)
  • 使い方が簡単
  • 様々なフロー図を作成できる(UML、人物関係図、家系図、システム構成図など)
  • PNG、JPG、SVG、PDFなどの形式で出力可能
  • パスワードや有効期限付けで共有

GitMindのスマホアプリは完全に無料でマインドマップを書くことができます。アカウントを登録すればWebやデスクトップ版とデータ同期可能なので、とても便利です。テンプレートやテーマなどの素材、アウトラインモード、そして共有と出力などの機能も豊富に内蔵しています。

GitMindマインドマップアプリ

Draw.io

draw.ioもオンライン使用可能なMacでフローチャートを作るツールです。GitMindの機能とほぼ一緒で図形やアイコンなど豊富な素材が提供されています。そのおかげで工夫をあんまりかけずに質の高いフローチャートを書くことができます。さらにたくさんの人気クラウドストレージと連携し、作成されたフロー図を直接に保存できます。

Draw.io

特徴:

  • アカウントなしで利用可能
  • オンラインもオフラインも使える
  • 自動レイアウトができる

Lucidchart

最後にお勧めしたいMac流れ図ソフト・プログラムはLucidchartです。ウェブツールですが、反応の速度や操作の軽さ、フローチャート記号、矢印、テンプレートの多さ、Office /Google Suite/Googleドライブ等の連携のメリットがあります。シンプルで綺麗な背景もとても心地よいと思います。

Lucidchart

特徴:

  • 爽やかでシンプルなテンプレートが用意
  • Excel、Zapier、LinkedIn Salesからインポートされたデータから図が自動的に生成される
  • 図をスライドショーモードで表示

最後に
Macフローチャートおすすめツールは以上紹介しました。その中で一番お勧めしたいのはGitMindです。フロー図機能は他のアプリほど多くないかもしれませんが、無料で全機能が使え、フローチャート以外にマインドマップの作成も可能です。
フローチャート書き方の面では、上記3本のツールどれでも簡単です。Mac無料フローチャートツールは他にありますが、初心者の方々ならこの記事で紹介しているアプリの方が良いと思います。

評価: 4.3 / 5 (合計18人評価) ご評価をいただいて誠にありがとうございました
avatar
著者: 関連カテゴリ: 未分類. 前回更新 2021/08/19

コメントを書く

お名前を記入してください!
コメント詳細を記入してください!

コメント (0)