生成AI「Claude(クロード)」とは?日本での使い方・活用例・Chat GPTとの比較を完全解説

前回更新 2024/04/15 更新者

OpenAIの主要な競争相手であるAnthropic社は、最近、最新の大規模モデルであるClaude 3を発表しました。

Claude 3は、幅広い認知タスクにおいて新たな業界基準を打ち立てたと主張しています。

多くの性能指標では、Claude 3モデルはGPT-4、Geminiなどの同業他社を凌駕し、「最強モデル」となりました。

ChatGPTをご存知の方も多いと思いますが、クロードとは何なのでしょうか?

今回は、「Claude(クロード)」とは何か、日本での使い方・活用例Chat GPTとの比較を解説していきます。

Claude(クロード)について

Claude(クロード)とは

claude

ClaudeとはAnthropicによって開発された人工知能の大規模なモデルで、幅広い認知タスクを処理することができ、人工知能の分野で名を馳せています。

Anthropicの共同設立者の一人であるDario Amodeiは、OpenAIの研究チームのメンバーであり、OpenAIに在籍していたことがAnthropic設立の基礎となりました。

最強モデルClaude 3

claude 3

Claudeが最新のビッグモデル「Claude3」を発表し、一挙に3モデルをリリースすることとなりました:
Claude3 Haiku(日本語俳句)
Claude3 Sonnet(英語のソネット)
Claude3 Opus(クラシック音楽集)

Anthropicはモデルの具体的なパラメータを示さないが、3つのモデルが適しているシナリオを示しています:

Haiku:最も高速なモデルであり、最も低コストなオプションで、ほとんどのテキストのみのタスクで非常に優れたパフォーマンスを発揮し、同時にマルチモーダル機能(視覚など)も備えています。
Sonnet:パフォーマンスとコストのバランスが必要なシナリオ向けで、プレーンテキストタスクでは背後のOpusと同等のパフォーマンスを発揮するが、コスト面ではより経済的で、やや優れたパフォーマンスが必要だが予算が限られている企業や個人ユーザーに適しています。
Opus:人間の理解力に迫る強力な推論能力、数学的能力、コーディング能力を備え、企業の自動化、複雑な財務予測、研究開発など、高度なインテリジェンスと複雑なタスク処理を必要とするシナリオに適しています。
現在、OpusとSonnetモデルはClaude.aiウェブサイトで利用可能で、クロードAPIはすでに世界159カ国で使用されている。 Haikuモデルは間もなく利用可能になる予定です。

これら3つのモデルの発売は、人工知能分野におけるAnthropicの革新と進歩を示すだけでなく、さまざまなアプリケーションのニーズを満たすため、ユーザーにより多くの選択肢と可能性を提供します。

Claude 3、Gemini、GPT-4性能を徹底比較

Claude 3、ChatGPT、Geminiの比較は下の画像で確認できます。

claude 3

画像のように、最近リリースされたClaude 3の新モデルは、GPT-4を超えるリストパフォーマンスランを持ち、GPT-4を完全に超えた最初の製品となり、新世代のLLMモデルの標準となりました。

Claude 3シリーズの代表モデルであるOpusは、学部生や大学院生レベルの知識、数学的スキル、複雑なタスクの処理という点で、OpenAIのGPT-4やGoogleのGemini 1.0 Ultraを凌ぐと公式に言われています。

さらに、Claude 3シリーズのすべてのモデルは、分析、予測、詳細なコンテンツ作成、コード生成、多言語対話において優れた能力を示しています。

Claude 3のメリット

1. リアルタイムインタラクションの最適化
リアルタイムインタラクションに最適化されたClaude 3ファミリーは、リアルタイムチャット、自動入力、データ抽出などの機能のパフォーマンスを向上させるように設計されています。 Claude 3 Haikuは、処理速度と費用対効果に優れており、グラフやチャートを含む情報量の多い研究論文をわずか3秒で処理します。Claude 3 Sonnetは、高度なインテリジェンスを維持しながら、従来モデルの2倍の処理速度を実現しており、知識検索や販売の自動化に最適です。

2. 視覚的能力
Claude 3シリーズのモデルも、他の主要モデルに匹敵する視覚的能力を備えており、特にClaude 3 Opusは、いくつかの視覚的カテゴリーにおいて、Open AIのGPT-4VやGoogleのGemini 1.0 Ultraを凌駕しています。

3. コンテキストウィンドウと入力容量
コンテキストウィンドウのサイズに関しては、Claude 3シリーズのモデルは20万トークンのコンテキストウィンドウと100万トークンを超える入力を受け付ける能力を提供し、大量のデータを処理する能力を強調しています。anthropicはまた、より大きなコンテキストウィンドウのサポートが将来追加される可能性があることを示唆しています。

Claudeの使い方

Claudeの使い方は下記の通りです:

  • Anthropicのサイトにアクセスして、「Talk to claude(Claudeとチャット)」をクリックします。

    claude ai 使い方

  • お使いのメールアドレスでログイン・登録します。

    claude 使い方

  • 認証が完了しましたら、Claudeを利用できます。

    claude ai 使い方

Claude 3の代替ツール

claude ai

Claude 3以外におすすめの AI チャットツールもありますね、それはGitMind Chatです。

GitMindは日本のユーザーに適応していますし、インターフェースも日本語なので、始めるのは難しくありません。

GitMind Chatは、人工知能に基づく高度な言語モデルです。 コアテクノロジーは、自然言語テキストの理解と生成を専門とする自然言語処理(NLP)に基づいています。

他の生成型チャットボットと比較して、GitMind Chat は独自の利点を発揮します:

多機能プラグインのサポート

claude

GitMind Chatは、基本的な会話機能に加えて、インターネット検索、自動マインドマップ作成、インテリジェントマップ認識、文書解釈、リンク解釈などを組み合わせることができ、会話の応用シナリオを大幅に拡大し、多様なニーズを満たすワンストップ・ソリューションを提供します。 近日公開予定の画像生成プラグインにより、さらに使い勝手が向上します。
カスタマイズされたAIアシスタント

claude 3

GitMind Chat には、教育、電子商取引、法律、プログラミングなどの分野をカバーする専門的な AIアシスタントが組み込まれており、ほとんどのニーズを満たすよう専門的に調整されています。 同時に GitMind Chat は、プロンプトやデータセットに基づく AI ペルソナのカスタマイズをサポートし、より的を絞った効率的な問題解決のためのユニークなデジタル・ドッペルゲンガーを作成します。
チームモード

AI技術を迅速に統合したいが、技術的な敷居の高さに不安を感じている企業のために、GitMind Chatは、AIの利用管理を容易にするチームモードと、円滑な利用を保証し、個人やチームの能力アップを支援する1対1のフォローアップサービスを提供します。

ダウンロード

まとめ

ChatGPTの方が一般ユーザーには馴染みのある名前かもしれませんが、Claude3の登場は、変化の激しいこの分野で、今日の主導者が明日新たな挑戦者に出会う可能性があることを思い出させてくれます。

今後、AIの競争環境はさらなる革新と飛躍的進歩によって変化し続けることが予想されます。

ユーザーにとっては、より高品質で高性能なAI製品やサービスを選択できるようになることを意味します。

企業にとっては、競争力を維持するために技術革新を続けることが奨励さ れます。

業界全体にとって、この競争と革新はAI技術の発展をさらに促進し、人類社会にさらなる可能性と機会をもたらすでしょう。

評価:4.8 /5(合計8人評価)ご評価をいただいて誠にありがとうございました
著者: 関連カテゴリ: AIツール. 前回更新 2024/04/15

コメントを書く

お名前を記入してください!
コメント詳細を記入してください!

コメント (0)