特性要因図とは?意味・用途、そして書き方の解説

前回更新 2021/08/19 更新者

特性要因図は結果に対する原因の分析に非常に役立ちますので、様々な分野で用いられています。特性要因図を有効に使用できるために、今回の記事では特性要因図(フィッシュボーン図)の意味や効果、メリット、そして書き方について解説します。もしお仕事中に使う必要がありましたら是非以下の内容をご参考ください。
GitMind無料ダウンロード

目次

特性要因図とは?

特性要因図事例

特性要因図(フィッシュボーン図)とは、ある結果と要素の因果関係を系統的に線で結んで表した図のことです。qc魚の骨図とも呼ばれます。既知の原因からより深く未知の原因を分析することができるので、今様々な分野で応用されています。
特性要因図となぜなぜ分析は違います。特性要因図は関連性を把握するのに使い、なぜなぜ分析は現象に対する原因を論理的に分析という目的です。

フィッシュボーン図の意味・用途・メリット

特性要因図の主な用途は作業効率の向上、管理などがあり、問題を起こした時に特定の結果の原因を見つけることです。結果から原因を分析することは効率的ですので、特に社内でよく使われています。要因をただ簡単に書き留めるだけではなく、深堀りして考えることで、問題の根本な原因を見つけることができます。特性要因図のメリットは以下にあります:

  • 解決したい問題を一緒に分析し、意見をまとめて原因を探し出します。全員で意見を一致できる
  • 違う視点で要因を深堀りして分析する
  • 作成されたフィッシュボーン図を知識資産として、社内で共有できる

特性要因図4mとは?

特性要因図の4mとは、全てMから始まる英単語の要素です。異なる業界の場合、4Mは別のものに置き換えてもいいです。

  • Man(人)
  • Machine(機械、設備)
  • Method(方法)
  • Material(材料)

フィッシュボーン図の書き方と特性要因図フリーソフト

特性要因図作成するにはたくさんのツールやソフトを利用できます。けれどエクセルで特性要因図を書く時に図形や矢印、線などを一々追加しなければならないから、初心者の皆さんにとっては難しいですね。だからここでは特性要因図テンプレートが用意されている六重用でも使えるツールを紹介したいと思います。
GitMind無料ダウンロード
GitMindはWebマインドマップ、フローチャートアプリです。様々なマインドマップ・フローチャートテンプレートが提供されているので、初めての方でも直接に内容を変更して使えます。豊富な素材やマインドマップ・フローチャート作成の機能、共同作業、アウトラインモード、別の形式で出力などのおかげで、特性要因図作成ツールの中で一番お勧めしたいと思います。特性要因図の作り方について以下の内容をご参考ください。

  1. GitMindの公式サイトを開いて、アカウント登録します。そうすればどんなデバイスを利用してもデータ同期可能です。
  2. 「オンラインで始める」を押せばWebでGitMindを利用します。または「今すぐ無料ダウンロード」を押してPC版をインストールして使います。
    ログインとオンライン作成
  3. テンプレートの中で特性要因図テンプレートを選択して使用します。または「新しいフローチャート」をクリックして最初から書きます。
    特性要因図テンプレート
  4. テンプレートを利用する場合、各とビックをダブルクリックして文字を変更すればいいです。枝をさらに追加したいなら「Tab」をクリックしてください。
  5. 最初に作成する場合、「魚の頭」となる「メインテーマ」をダブルクリックしてキーワードを入力します。そして、Tabキーを押して、「魚の骨(サブノード)」を追加します。文字の編集や線、矢印、ノード(枝)の色、背景などを自由にカスタマイズできます。
    特性要因図を書く
  6. 同僚やお友達と一緒に作成したいなら、「共同編集者を招待する」をクリックして、リンクやメールアドレスで招待します。
    共同編集者を招待する
  7. 原因をできるだけ明確に分類します。明確な分類が効果的な発想につながるので非常に大事です。一般的な分類は、作業者、作業方法、機械、材料、測定、環境などがあります。
  8. 「ブレーンストーミング」をします。ここからはブレインストーミングの時間です。チームで質問をしながらどんどん掘り下げていきましょう。作成し終わったら、要因図をオンライン共有したり、画像やPDFなどの形式で出力したりすることができます。
  9. 最後に、「共有」で作成された特性要因図を共有します。図にパスワードや有効期限を付けることができます。または「エクスポート」を押して、形式を決めて出力します。
    特性要因図を出力する

qc要因解析図を最適化するためのヒント

  • 集団で良い知恵が生まれる。チームでブレインストーミングして、新しいアイデアを自由に出し合いましょう。
  • 明確な分類は新しい発想を引き出す。
  • 考えられる原因を優先順位に基づいて配置する
  • 客観的に考える

最後に
特性要因図書き方やフィッシュボーンダイアグラムを作成するフリーオンラインツールは以上でした。いかがでしょうか。もし魚の骨図を作りたいならぜひ試してみてね。もし何かご不明な点がありましたら、コメントをよろしくお願いします。

評価: 4.3 / 5 (合計12人評価) ご評価をいただいて誠にありがとうございました
avatar
著者: 関連カテゴリ: 未分類. 前回更新 2021/08/19

コメントを書く

お名前を記入してください!
コメント詳細を記入してください!

コメント (0)