データフロー図とは?構成とテンプレートを紹介

前回更新 2020/08/25 更新者

データフロー図は、ビジネスネットワークにおける情報の流れを視覚化するチャートです。主に最終的な目的地に到着するまでのルートを表わします。このような図は解読が難しいですが、ビジネスモデルを読み解くためには重要です。理由としては、ユーザーや消費者がこのタイプの図を利用する特定のビジネスのプロセスを理解することを手助けしてくれるためです。これによって、顧客と売り手のあいだの誤解の可能性をなくすことができます。

データフロー図とは?構成とテンプレートを紹介

データフロー図のシンボル

先ほどお話ししたように、データフロー図は最も混乱を招きやすい図のひとつです。これは、チャート内で様々なシンボルが使用されることが理由です。言うまでもなく、この図を理解するためには、そのシンボルの意味を学ぶ必要があります。どんなデータフロー図にも、4つの基本的なシンボルがあります。それでは詳しく見ていきましょう。

  • プロセス – このタイプのシンボルは、行われているアクションそのものを示すため重要です。各図は一つのプロセスに限定されていません。これはネットワーク内の全体のアクションの流れを示しているためです。オンライン上のデータフロー図のプロセスは、主に動詞がから始まり名詞が続きます (英語の場合)。プロセスシンボルは、角が丸い長方形によって示されます。プロセス
  • データフロー – データフローは、プロセスが向かう方向を示します。これは、左または右を示す矢印によって表わされます。各方向が示すのは、データフローです。例えば、外向きの矢印はアウトプットのデータフローを示し、内向きのものはデータフローチャートからのインプットデータを意味します。データフロー
  • データストア – どんなデータマネージメントシステムにおいても、ストレッジは重要です。そのため、データチャートの中にデータストアがあることが必須です。
  • 外部実体 – データフロー図に不可欠な最後のシンボルは、外部実態です。これは、情報を提供したり与えたりする人やグループを示します。しかし、データに関する意思決定には関わっていないため、この目的のみに利用されます。

データフロー図の種類

オンラインで可能なデータフロー図のカテゴリーのタイプは2つ存在します。

  • ロジカルデータフロー図 – これはビジネスそのものにフォーカスしたデータフロー図です。ハードウェア、位置情報、物理的に存在する実体などの外的な要因が考慮されていません。
  • フィジカルデータフロー図 – 名前から推測できるように、このタイプのデータフロー図ではシステムに組み込まれているすべての実装を示します。コンピューター、ソフトウェア、人や組織などの外的な実態などが含まれます。

GitMindが提供するデータフロー図テンプレート

フードデリバリーシステム

この例では、食べ物の注文を受け取るまでのプロセスを示しています。データフロー図では、顧客、フードデリバリーシステムの使用、デリバリーの対応がはっきりと示されています。サプライヤーやマネージャーに連絡するプロセスも含まれています。全てが確定すると、キッチンが注文を作り始めて、配送のためにシステムに反応します。

フードデリバリーシステム
テンプレートを使用

カスタマーサービスシステム

このデータフロー図では、鉄道会社のカスタマーサービスシステム、カスタマーサービス担当、通勤者のコミュニケーションを表わしています。システムは、担当者と顧客の間の橋として機能していることがわかります。

カスタマーサービスシステム
テンプレートを使用

取引プラットフォームシステム

最後に、取引プラットフォームと顧客の間のデータの流れを示す例をご紹介します。カスタマーサービス担当、ブローカーも示されています。

取引プラットフォームシステム
テンプレートを使用

まとめ

データフロー図は、特に初めて目にした場合、理解することが難しいでしょう。おそらく皆さんがこの記事をご覧になった理由のひとつでもあるのではないでしょうか?上記の情報は、目的、データフロー図の定義を明確に説明しています。ご自身の図を作成することに興味をお持ちなら、GitMindを利用して、楽にこれらのタイプの図を作成してみてください。

評価: 4.3 / 5 (合計17人評価) ご評価をいただいて誠にありがとうございました
avatar
著者: 関連カテゴリ: 未分類. 前回更新 2020/08/25

コメントを書く

お名前を記入してください!
コメント詳細を記入してください!

コメント (0)