iPhone用無料PDFスキャナーおすすめ5選

前回更新 2021/09/18 更新者

OCRとは、光学文字認識であり、画像データの文字部分を認識し、テキストに変換する技術です。現在、環境保全のために、職場などでどんどんペーパーレスオフィス(紙の代わりにデジタル化された文書で仕事する)を普及されています。従って、PDFや画像、そしてスクリーンショットで情報の保存や集めることが多くなってきました。画像や他のデータから文字を抽出したい場合、文字認識できるOCR機能を備えているアプリが必要です。だから今回はiPhone向けおすすめのPDFスキャンアプリ・OCRアプリをお勧めしたいと思います。是非ご参考ください。
GitMind無料ダウンロード

iPhone PDFスキャンアプリ

GitMind

GitMindはマインドマップアプリですが、その中のOCR機能を利用して画像や文書をスキャンしてPDFに変換できます。画像や写真しか導入できないため、もしPDFや他のファイルを認識したい場合、画像に変換してから行ってください。おすすめポイントと言いますと、認識された文字をコピーできるだけでなく、直接にマインドマップに変換することもできます。GitMindを利用して書類をPDFにする方法は以下です。

GitMindマインドマップアプリ
  1. GitMindアプリを起動された後、右下にある「+」をクリックして新しいマインドマップを作ります。
    マインドマップ新規作成
  2. 真ん中の中心ブランチをタップし、右上の「…」をタップして「OCR」を選びます。
    OCR機能を選ぶ
  3. 右上で認識する文字の言語を選択します。
    OCR言語選択
  4. 画像を導入して認識を開始します。
    認識する
  5. 終わったら認識された文字をコピー、またはマインドマップに変換して保存します。
    認識完了

Adobe Scan

Adobe Scanはとても有名な書類PDF化アプリです。画像だけでなく、印刷された資料や手書き文字、名刺までも認識できます。折り目やシミを自動的に除去でき、切り抜きや回転などの編集機能も備えています。認識したデータをPDF以外にJPGやWord、PPTなどの形式で保存できるからとても便利です。

Adobe Scan

CamScanner

CamScannerは自動的にデータの最適な状態で認識して保存できるpdfスキャナーアプリです。おすすめポイントは:スキャンされた書類に手書きのメモや透かし、サインを入れることができることです。さらに40以上の言語のサポート、様々な主流クラウドでの互換性などの実用機能のおかげで、どの国にいてもデータを処理できます。

CamScanner

Microsoft Office Lens

Microsoft Office Lensは、ホワイトボードや黒板などの手書き文字、メモが読み取れるpdfスキャナーiPhoneアプリです。MicrosoftのアプリですからOfficeソフトと互換性があります。アルバムに保存されたものだけでなく、OneDriveで保存されているデータも認識可能です。

Microsoft Office Lens

Mobile Scanner

最後に紹介したいPDF・画像をスキャンするアプリはMobile Scannerです。スキャンする範囲を自動検出して最適化し、PDFや画像に変換できます。変形や回転、複数のドキュメントを結合などの編集機能も備えています。もちろん、PDFをスキャンする方法も簡単です。

Mobile Scanner

まとめ

iPhone無料のスキャンアプリは以上紹介しました。文書をスキャンしてPDFに保存することも、 pdfスキャナーして文字データとして保存することも、OCR機能を利用すればより便利でしょう。以上紹介したiPhoneのPDFスキャンアプリの中で、もし画像から文字を抽出してPDFとして保存したり、抽出されたテキストをコピーしたりする場合、完全に無料で利用できるGitMindが一番おすすめです。なぜなら、課金の心配がなく、認識スピードも速いです。

評価: 4.3 / 5 (合計13人評価) ご評価をいただいて誠にありがとうございました
avatar
著者: 関連カテゴリ: 未分類. 前回更新 2021/09/18

コメントを書く

お名前を記入してください!
コメント詳細を記入してください!

コメント (0)