音声を文字に変換するアプリ7選

前回更新 2021/09/28 更新者

歩いている時や会議、スマホでマインドマップ作成など手入力が不便な場合、もし話すだけで入力できるならもっと効率が高くて便利でしょう。実は音声で入力できるアプリはたくさんあります。今回の記事では音声入力アプリを厳選して皆さんに紹介したいと思います。スマホで議事録やマインドマップ作成する時に是非音声をテキストに変換するアプリを利用してみてくださいね。
GitMind無料ダウンロード

自動文字起こしアプリ

Gboard – Google キーボード


Gboardは音声テキスト化だけでなく、グライド入力(キーボードスライドで入力)や絵文字検索、多言語入力、Google翻訳などの実用機能も備えられています。音声認識のスピードも正確率、信頼性もとても高いです。さらにキーボードにたくさんのテーマを使用したり、オリジナルステッカー(自分の写真で作る可)を作成したりして、使うのはきっと楽しいと思います。

Gboard

Speechy


Speechyはとても有名な文字起こしアプリです。音声だけで入力でき、88以上の言語をサポートしています。おすすめポイントは声の認識が強いので、複数の方々の声を分けることができます。そうすれば会議やブレインストーミングなどの会議録を手入力必要なく、音声入力文字起こしで作成できます。

Speechy

Texter(テキストに音声)


Texterも音声文字変換アプリです。音声をテキストに変換以外にPDFや画像の文字を読み取ることもできます。認識された文字を翻訳可能なので、海外へ行く時にとても便利です。有料機能がありますが、まずこの音声入力アプリの無料版がおすすめです。

Texter

Notta


Nottaはテープ起こしや音声文字変換ができる便利アプリです。主な機能は上記アプリとは違いありませんが、録音された音声を再生しながら、認識文字の修正が可能です。無料版ではテキスト起す時間が120分までですので、もし長い会議を録音&文字起こししたいなら有料プランを購入する必要です。

Notta

Edivoice


テキストを音声入力するアプリEdivoiceは、音声認識する時に句読点や改行が自動行います。手動で修正したくても簡単です。キーボードが認識する時に表示され、クリックして追加します。自動句読点や改行を設定の中でオフにすることも可能です。

Edivoice

GroupTranscribe


GroupTranscribeは議事録のために開発された音声文字起こしアプリです。録音や音声認識、翻訳はもちろん、こちらのアプリなら会議の参加者全員の音声を正確に文字に変換できます。アプリ内で会議を行うので、QRコードやパスワードでグループに参加する必要です。

GroupTranscribe

Just Press Record


Just Press Recordという文字起こしソフトの録音機能は強いです。制限なしで録音(バックグランドで録音OK)、空白の時間が自動的にカット、音声編集などの録音機能が備えられています。さらにスマホだけでなく、Apple Watchでも録音できます。テープ起こし機能は他のアプリと一緒です。

Just Press Record

仕事や勉強の効率アップ – 無料マインドマップアプリ「GitMind」


GitMindはどんなデバイスでも利用可能なマインドマップアプリです。マインドマップは思考の整理や物事の分析、知識管理などに非常にやうだつツールです。以前はほとんど手書きですが、現在以前効率を向上するために様々なマインドマップソフトやアプリが登場されました。

GitMind

アプリ版GitMindでは以下のようなおすすめポイントがあります:

  • テンプレートやテーマがたくさん用意
  • レイアウトが7つ
  • JPGとPDFで出力
  • 閲覧モード
  • アウトラインモード(編集可)
  • OCR画像スキャン

最後に

音声入力文字起こしアプリは以上でした。それぞれ違う良い機能がありますので、ニーズに合わせて選んでください。今の社会では効率は一番ですから、色んな効率を向上できるアプリやツールを利用したほうがいいでしょう。もし仕事効率化アプリに興味があれば、コメントで書いてお願いします。コメントが多い場合次の記事で紹介いたします。

評価: 4.3 / 5 (合計23人評価) ご評価をいただいて誠にありがとうございました
avatar
著者: 関連カテゴリ: 未分類. 前回更新 2021/09/28

コメントを書く

お名前を記入してください!
コメント詳細を記入してください!

コメント (0)