2020年版ベスト議事録アプリ10選

前回更新 2020/08/05 更新者

ミーティングは、ブレインストームしたり、コネクションを作ったり、アイディアを生み出したりする機会を与えてくれます。しかし、すべてのミーティングがきちんと構成されているわけではなく、チームの生産性の低下や時間の無駄につながりかねません。ミーティングに関するクレームには、準備不足、構成不足、個人プレーなどがあります。議事録は、メンバー、アジェンダ、ミーティングが開かれた時間などの、ミーティングに関する重要な情報を提供してくれます。さらに、議事録によってミーティング前、ミーティング中、ミーティング後の作業が可能になります。幸い、議事録は議事録アプリを利用して議事録は簡単かつ効果的に作成することが可能です。それでは、今回はベスト議事録アプリをご紹介していきます。

2020年版ベスト議事録アプリ10選

GitMind

価格:無料

議事録 作成  ソフト

実用的なチャートツールは、包括的な議事録を作成するために役立ちます。リストの一つ目のツールは、GitMindです。このツールを使えば、カンフェレンスやミーティングの基本的な情報を残しておくために必要な無料のテンプレートを使って、様々なチャートやマインドマップを作成することができます。 さらに、コラボレーション機能がついているため、参加者がつながり、アイディアを共有して、同時に議事録をとることができます。この素晴らしい議事録ソフトの機能を最大限生かすために、次のガイドに従ってください。

  • ブラウザでGitMindヘ行き、「Templates (テンプレート)」セクションを開きます。ギャラリーから「チーム・ミーティング・アジェンダ (Team Meeting Agenda)」テンプレートを選択するか、すぐにアクセスしたい場合は検索バーを利用してください。「テンプレートを使用する (Use Templates)」ボタンをクリックしてミーティングの重要なメモやアジェンダを記録しながら編集を行ってください。
  • 次は、トップメニューの「コレボレーターを招待 (Invite Collaborators)」をクリックして、チームメイトと繋がりましょう。これで、あなたもチームも議事録へのアクセスできるようになります。
  • 最後に、記録のために議事録を保存しておくこともできます。右端の上にある「エクスポート (Export)」ボタンをおしてから、お好きなアウトプットフォーマットを選択してください。

Minute

議事録 作成 アプリ

Minuteも、チームと一緒に議事録をとることができる便利な議事録アプリです。このソフトには、手書きのドキュメントを整頓するために便利なファイルオーガナイザーが搭載されています。さらに、議事録に重要な3つの区分を提供してくれます:

ミーティング前 – このセクションは、準備の段階です。ミーティングのアジェンダ、スケジュール、記録を整理するようチームメンバーを招待することができます。

ミーティング中 – このセクションは、ミーティング中のミーティングのメモ、議論、アクションを起こすべきタスク、ドキュメントを記録する目的に利用されます。

ミーティング後 – このセクションでは、議論を要約して、重要なメモ、ドキュメント、タスクなどを再確認できます。さらに、フォローアップミーティングの設定も可能です。

Hugo

議事録 アプリ

Hugoを使ってミーティングを整理してみてもよいでしょう。このアプリは全てのミーティングメモとドキュメントを集中させたワークスペースに保管しておくことができます。参加者は、ミーティングメモアプリのように、コンテンツを作成したり更新したりできます。さらに、すぐにミーティングのメモを作れるようにする議事録用のたくさんのテンプレートがあります。それに加え、Asana、Confluence、Slack、Trelloなどの有名プロジェクトマネージメントツールを一体化させています。

SoapBox

議事録 作成  ソフト

ご自身がミーティングを管理しているマネージャ―である場合、SoapBoxがおすすめです。このソフトは、1対1、チームミーティング、企業規模の議論など、様々なタイプのミーティングのプラットフォームを提供しています。このプログラムを使用すれば、オンラインでアジェンダを作成したり、コメント機能を利用してアジェンダアイテムへのフィードバックをしたりすることができます。さらに、振り返りや製品のキックオフをして、チームに積極性を持つように促すことが可能です。この機能によって、よりたくさんのアイディアが生まれるはずです。

MeetingBooster

議事録 作成 アプリ

ベスト議事録アプリでご紹介する次のアプリは、MeetingBooster.です。このアプリはクラウドベースのミーティングマネージメントシステムで、ミーティングに必要な時間を最小限に抑えながら生産性を最大限にいかします。3つの簡単なミーティング手順で合理化しています:

プレミーティングでは、スケジューリングと準備をします。さらに、ミーティングに関わるメンバーに分配されるタスクを決めます。

ミーティング中の段階では、参加者が現場のミーティングに参加し、メモを取って、行動アイテムを振り分けます。

ポストミーティングでは議論を終えるわけですが、その前に議事録作成者はトピックを議論し再確認しなくてはいけません。他のツール同様、このプログラムにはコレボレーション機能があり、議事録のレビュープロセスを素早くスムーズに行うことが可能です。

MeetingKing

議事録 アプリ

MeetingKingは、3つの段階で簡単にミーティングを管理することができる、3つのパートに分かれた議事録アプリです。対面ミーティングにも、オンラインのコラボレーションミーティングにも使えます。それでは、このツールを使用して議論を効果的かつ生産的にするための、3つの簡単ステップをご紹介します。

「準備」段階では、ミーティングテンプレートまたは一からアジェンダを作成する時間が与えられます。

「ミート」段階では、準備後、ミーティング中に参加者がメモを取ることができます。

「フォローアップ」段階は、ユーザーが議事録をメールで送ることができる最終段階です。プロジェクトにフィルターをかけたり、部署ごとにタスクを分割したりすることが可能です。

Meetly

議事録 作成  ソフト

仕事の進捗を個人的に記録しておく方法としてカレンダーにミーティングのメモをつなげておきたい、という場合は、Meetlyを考慮してみると良いでしょう。 ご紹介した他の議事録ソフト同様、組織立てたミーティングのメモを取るためのテンプレートが用意されています。それ以外にも、このアプリでは自動ミーティングサマリ更新に登録することで、全員が最新情報を得ることができます。メンバーが組織の中にいる場合でも外にいる場合でも機能します。

Beenote

議事録 作成 アプリ

3つのパートに分かれたミーティングは、コラボレーションミーティングらからのポジティブなフィードバッグを表示します。これからご紹介するBeenoteもこのタイプのプログラムです。スケジュールマネージメント、ミーティングの開催、達成アクション/タスクという、ミーティングを行う上で重要なステップをすべて踏むことができます。このプログラムを使用すれば、失敗することはありません。

Magic Minutes

議事録 アプリ

次の議事録アプリは、ミーティング管理のために使いやすいユーザーインターフェースを提供しています。Magic Minutesには、 あらかじめ用意された文章やフレーズがあります。これによって、詳細やメモを手作業で打ちこむ手間が省けます。さらに、数回のクリックで、あらかじめ用意されたフレーズをチームメイトに送り、スムーズで効果的なミーティングを可能にします。

MeetingSense

議事録 作成  ソフト

に使えるプログラムをお探してあれば、MeetingSenseがおすすめです。簡単で機能的なため、柔軟かつカスタマイズ可能なレイアウトでミーティングを設定することができます。この議事録ソフトのおすすめは、ミーティングへの招待として、参加者が自動Eメールのお知らせを受信できるという点です。

まとめ

ここでご紹介したどの議事録ツールも、時間を節約し生産的かつ意味のあるミーティングを行う手助けをしてくれます。良い印象を残すために新しいアプローチを試してみたいという場合は、GitMindがおすすめです。

評価: 4.3 / 5 (合計19人評価) ご評価をいただいて誠にありがとうございました
avatar
著者: 関連カテゴリ: 未分類. 前回更新 2020/08/05

コメントを書く

お名前を記入してください!
コメント詳細を記入してください!

コメント (0)