特性要因図テンプレートと特性要因図書き方

前回更新 2021/12/30 更新者

特性要因図とは、定性的研究において利用される最も基本的なツールの1つであり、原因と影響を示すダイアグラムとしても知られています。簡単に言うと特定の出来事を引き起こした特定の要因の関係性を示すためです。特性要因図は、対抗策として利用できる元の原因を特定するために効果的であることが証明されているから、マーケティングやセールスなどの様々な分野に応用している最も便利な図のひとつとなっています。今回は、初心者でもすぐに書くことができるために、特性要因図のテンプレートと特性要因図の書き方について紹介したいと思います。

フィッシュボーン図のテンプレートと作り方

特性要因図テンプレートと使い方

すでにお話ししたように、特性要因図には様々なメリットがあり、異なる分野に応用されています。物事の原因と影響の関連を視覚的に表現するだけでなく、将来的な解決策も分析できます。たくさんのフローチャートツールはフィッシュボーンチャートのテンプレートが提供されているのですが、値段が高い方がやはり初心者に向いてませんね。後で無料利用可能なツールを紹介しますので以下ではまずよく使われている特性要因図事例(テンプレート)を紹介します。

製造における特性要因図の使用

製造業は、最も複雑な業界のひとつと言ってよいでしょう。たくさんのプロセスと材料が関わってくるため、問題を引き起こしやすくなります。そのため、計画段階に置いて特性要因図が重要な役割を果たします。ありがちな問題を見つけ出し、将来的な問題を軽減させることに役立ちます。以下は製造業で役立つ特性要因図の例です。

製造業

マーケティングにおける特性要因図の使用

マーケティング業界で1つわかっていることがあるとすれば、不確定性です。数秒間の内にたくさんの要因の影響を受けかねないことが理由です。特性要因図を利用することでたくさんのメリットを得ることができます。将来的な問題を予想し、備えることができるためです。

マーケティング

セールスにおける特性要因図の使用

セールス部門も、特性要因図を使用することでかなりのメリットを得ることができます。これを利用することで、セールスプロセスに影響している要因を示すことが可能です。セールスを上げるためのアイディアを得るきっかけになるでしょう。以下は、セールスに使える特性要因図テンプレートです。

セール

まとめ
よく使われている特性要因図事例やテンプレートは以上でした。エクセルテンプレートの中でもありますが、ニーズに合わせて選択してください。フローチャートツールのいいところは、エクセルより書き方はもっと簡単、テンプレートが多い、もっと綺麗図を作成できるなどです。

GitMindを利用して特性要因図の書き方

特性要因図を作成するには、「GitMind」というマインドマップ・フローチャートツールがおすすめです。GitMindはオンライン無料利用できる作図ツールであり、たくさんのマインドマップやフローチャート(UML、組織図、分析図)テンプレートが用意されています。図に画像やコメント、リンクなどを追加したり、JPGやPDFなどの形式で出力したり、友達や同僚を招待して一緒に編集したりすることができます。とにかく使い方が簡単なので初心者の皆さんも心配なく使用できます。GitMindを使って特性要因図を作成する方法は以下です。

  • 公式サイトの「オンラインで始める」をクリックし、「新しいブランクマップ」をクリックします。またはテンプレートの中で魚の骨図を見つけて利用します。(ここは特性要因図の使用を例にします)
    特性要因図テンプレート
  • テンプレートをクリックして選択した後、右上の「テンプレートを使用」をクリックすれば編集できます。
    特性要因図テンプレートを使う
  • ノードをダブルクリックすれば文字を変更可能です。左側のツールバーを利用してテーマやデザイン、レイアウトを変更できます。
    特性要因図を書く
  • 共同編集者を招待したい場合、「共同編集者を招待する」をクリックして、リンクやメールアドレスで招待します。
    共同編集者を招待する
  • 編集が完了したら「エクスポート」ボタンをクリックしてローカルストレージに保存、または共有します。保存と共有

終わりに
フィッシュボーン分析はお仕事に非常に役立ち、使用すればするほどロジック能力が向上できます。最初から特性要因図を作成するなら時間がかかってしまいますが、テンプレートがあれば文字の変更や簡単な修正を加えるだけで楽勝でしょう。早くGitMindを使って、自分だけの特性要因図を作成しましょう。

評価:4.3 /5(合計23人評価)ご評価をいただいて誠にありがとうございました
avatar
著者: 関連カテゴリ: 未分類. 前回更新 2021/12/30

コメントを書く

お名前を記入してください!
コメント詳細を記入してください!

コメント (0)