マインドマップの書き方・作成方法

前回更新 2019/10/29 更新者

マインドマップは、 思考の整理、新しいアイデアの発案や創造性の向上に効果的なツールです。このガイドでは、 使いやすくて完全に無料のマインドマップ作成ソフト【GitMind】を使って、 あなたのニーズにピッタリ合ったすばらしいマインドマップを作成する方法をご紹介しています。

マインドマップの書き方・作成方法

  1. 中心テーマを確定する
  2. 主となる概念にブランチを追加する
  3. キーワードを追加してテーマを探求する
  4. ブランチに色を追加する
  5. 画像を追加する

1. 中心テーマを確定する

まず、マインドマップの中心テーマを決め、書き出します。中心テーマは、マインドマップの出発点で、探求するコアを表します 。中心テーマには、ページの中心にあるマインドマップテーマを表す画像が含まれている必要があります。私たちの脳は視覚刺激の下でより良い反応をするので、中央の画像が人目を引くものであり、簡単に連想につながることが推奨されます。

メインテーマの決定

手描きであろうと、コンピューター上でマインドマップを描く場合であろうと、センターテーマをパーソナライズするのに時間をかけるのが賢明です。これにより、ユーザーのマインドマップコンテンツへの接続が強化されます。

2. 主となる概念にブランチを追加する

創造的なアイデアを得るための2番目のステップは、ブランチを追加することです。中心テーマの後には、ブランチの後には、主要なブランチテーマが続きます。各ブランチを可能な限り探索するには、サブトピックを追加する必要があります。

ブランチの追加

マインドマップの利点は、いくつかのオプションに制限されることを心配することなく、常に新しいブランチを追加できることです。より多くのアイデアを追加すると、脳はさまざまな概念から新しい関連付けを自由に吸収できるため、マインドマップの構造はより自然になります。

3. キーワードを追加してテーマを探求する

マインドマップにブランチを追加する場合、最も大切なことは重要なアイデアを入力することです。マインドマップを描画するための重要な原則は、ブランチごとに1つの単語を使用することです。複数の単語やフレーズを使用するより、1つの単語を使用するほうは関連性が高まるためです。

たとえば、ブランチキーワードが「誕生日パーティー」である場合、おそらく全員がパーティーのすべての側面に制限されます。ただし、単に「誕生日」というキーワードを使用する場合、関連付けて探索できるキーワードにはパーティーだけでなく、ギフト、ケーキなどのさまざまなキーワードも含まれます。

ブランチごとに1つの単語は、コアトピックの情報チャンクにも適用されます。キーワードを使用して脳内の関連付けをトリガーすると、ユーザーに多くの情報を思い出させることができます。 Farrand、Hussain、Hennesseyは2002年に、マインドマップの記憶を使用した医学生が実際の情報の長期記憶を10%増加させたことを確認しました。

4. ブランチに色を追加する

色を追加する

マインドマップは、論理や数値から創造性や特異性に至るまでの広範な大脳皮質スキルを統合するため、脳全体の思考を刺激します。

脳全体の思考の良い例は、マインドマップを色分けすることです。カラーコーディングは、視覚と論理を結び付けて、脳が以前に発見されていないつながりを識別し、情報を分類し、強調し、及び分析するのに役立ちます。

カラー画像は、モノクロ画像よりも魅力的です。

5. 画像を追加する

画像の挿入

画像には、単語、文、または記事よりも多くの情報を伝える機能があります。それらは脳によって処理され、情報を思い出すのを助ける視覚刺激として使用されます。さらに良いことに、画像は言語の壁を乗り越える共通言語です。

本質的に、私たちは幼い頃に画像を処理することを学びました。Margulies(1991)の研究によれば、子どもたちは言語を学ぶ前に、想像上の写真に頼って、心の中で関連する概念を結びつけています。このために、マインドマップは強力な画像の可能性を最大限に引き出します。

評価: 4.3 / 5 (合計15人評価) ご評価をいただいて誠にありがとうございました
avatar
著者: 関連カテゴリ: 小技&ヒント. 前回更新 2019/10/29

コメントを書く

お名前を記入してください!
コメント詳細を記入してください!

コメント (0)