マインドマップの書き方・ルール、そして美しいマインドマップの作成方法

前回更新 2021/11/25 更新者

マインドマップというものをご存知でしょうか。1つのテーマを中心として思考を整理したり、発想したり、創造性を向上したりする効果的な図のことです。本記事では、マインドマップを始めたい方々のためにマインドマップの書き方や概念、コツ、及びマインドマップのルールなどを紹介して行きたいと思います。ぜひご参考ください。

目次

マインドマップとは?

マインドマップとは、脳自然な思考表現に従って、脳神経のような放射線状の図表のことです。記憶力や分析力、考え力、創造性、発想力の向上に非常に役立ちます。それらメリットがあるので様々な分野で幅広く使われています。

マインドマップ例

マインドマップ作成ための5つの基本

  • 類似性
    マインドマップの中の関連した要素は、近くに置いておくべきです。分類は、マインドマップを作る際の基本的な理論です。類似した考えやトピックを整理する際に、似たようなスタイルを同じ大きなカテゴリーにグループ分けしたり統合したりしましょう。類似の原理は、自分のアイディアを分類するだけでなく、受け手が視覚的に理解しやすくなります。

    類似性
  • 多様性
    デジタルのマインドマップの最大のメリットの一つは、手書きのマインドマップと比べて多様な視覚的効果の使用が可能であるという点です。色、形、幅、サイズ、フォント、構成など。多様性によって、マインドマップはより読みやすく、意味の深みが増します。

    こんな言葉がありますよね。「百聞は一見に如かず」。あざやかな色で受け手を刺激して、トピックに集中できるようにさせられます。ほぼすべてのマインドマップ製作者が、パソコンやネットのイメージを使用しており、特に優れた人は動画を組み込んでいます。メディアが豊富であることで、マインドマップの効果を最大限引き出すことが可能です。

    多様性
  • 明解さ
    マインドマップの明確さを高めるために、出来るだけコンテンツを視覚化して、簡単なフレーズで説明しましょう。

    論文を書いているような時は、特定の論理やシーンを説明するために複雑かつ漠然とした表現を使う必要はあるでしょう。しかし、マインドマップで自分のアイディアをプレゼンしている時は、シンプルであればあるほど、受け手が理解をしやすくなります。

    明確さ
  • 読みやすさ
    マインドマップの読みやすさは、様々な方法で改善することが可能です。方法なメディアでマインドマップが読みやすくなることは、すでにお話ししました。基本的に、マインドマップが示すのはあなたの考えです。そのため、まず自分のマインドマップのトピックに読む価値があるかどうかを見極めましょう。決定木に関して言えば、全体像が必要です。原因や効果の分析には、可能な原因があなたのロジカルシンキングを反映していなくてはいけません。本のレビューに関しては、起こったことを書き連ねるより、感情を書いた方が良いでしょう。

    読みやすさ
  • 個性
    あなたのマインドマップはあなた自身の考えであるため、世界中に同じようなマインドマップを見つけることは出来ないはずです。それこそ、個性です。マインドマップを作成するのに、他人の言葉を参照してはいけないということではありません。しかし、中心となる部分はオリジナルのコンテンツである必要があります。

    個性
  • マインドマップ作成時の注意点とルール

    マインドマップを書くには、思い通りに作成することはNGです。いくつかのルールを守らなければなりません。なぜなら、正しくないものを作成してもマインドマップの効果が発揮することができなく、時間の無駄です。実はネットでマインドマップではないものがたまに発見してしまいます。マインドマップの注意点について以下の内容をご参考ください。

    • 主題テーマ・中心テーマは1つしかない
      一枚のマインドマップは1つの問題を分析しますから、1つだけの主題しかありません。
    • 枝(ブランチ)の中の内容を言葉で表現
      マインドマップはたくさんの枝があります。各枝の中で短い単語を使用して意味を要約したほうがイメージが強いです。
    • 色付け
      色で重要な部分をハイライトしたり、分類したりしたらもっと覚えやすいです。
    • 正確と間違うを判断しない
      分析している時に連想したことを全部書きます。修正などをしないでください。
    • 画像を追加する
      画像の追加はただの見た目のためではなく、より深い印象を残すためです。

    「GitMind」を利用してマインドマップの書き方を説明する

    GitMindはマインドマップを素早くて簡単に作成できるツールであり、Webだけでなくスマホもタブレットアプリも提供しています。おすすめポイントは、様々なマインドマップやフローチャートテンプレートが用意され、選択するだけでご自分のマインドマップを完成できることです。マインドマップ以外にフローチャート、UML、ER図などの実用図表を作成できるので、多機能のツールと言えます。他にはテーマやレイアウト、背景画像の用意、レイアウトモード、共同作業などの実用機能も内蔵し、仕事もプライベートもとても役立つと思います。
    GitMindを利用して、マインドマップの書き方を説明して行きましょう。

    1. GitMindの公式ページをアクセスして「オンラインで始める」を押します。
      GitMindホームページ
    2. テンプレートを使用します。または「新しマインドマップ」をクリックして1からマインドマップを書きます。(ここでは1から作ります)
      マインドマップを作成する
    3. 中心テーマを決めてから、キーボードの「Tab」を押して枝を追加します。枝をダブルクリックして文字を入力します。
      中心テーマと枝の追加
    4. 字幕のフォントや色、サイズなどを設定できます。
      文字編集
    5. もちろん枝や背景画像、関係線などの設定も可能です。
      デザイン変更
    6. もしお友達や同僚と一緒に編集したければ、「共同編集者を招待する」をクリックして、リンクやメールアドレスで招待します。
      共同作業
    7. 必要であれば画像、コメント、リンクを挿入します。
      画像の挿入
    8. 編集が終わった後、マインドマップを共有します。または「エクスポート」を押してJPGやPDF、PNGなどの形式で保存します。
      共有と保存

    超便利マインドマップアプリ「GitMind」

    GitMindはWebツールだけでなく、スマホ用のアプリ版もあります。誰でもずっとパソコンのそばにいることができないでしょう。もし移動中にマインドマップを見たり修正したりしたい場合、スマホGitMindを是非利用してみてね。仕事や考えはより便利になれます。

    GitMindマインドマップアプリ

    マインドマップを作成するコツ

    1.思い出す内容を心配なく書くこと
    既に出たアイデアから連想することこそ、マインドマップの価値ですので、思い出すアイディアを心配なく書きましょう。
    2.既に書き出す内容を削除しないこと
    間違った内容でも、面白いヒントが生み出す可能性がありますから、書いた内容の変更や削除をしないでください。
    3.色んな色や形などを使うこと
    色と形はより見やすいですので、とても重要な内容を色つけたほうが頭の中の考えがよりはっきりしてきます。

    最後に

    初心者向けのマインドマップの書き方とコツは以上でした。一つのキーワードを中心として思考を整理できるので、もし思考を視覚的に整理したり、複数人でアイデア出したりしたい場合ぜひマインドマップを書いてみてください。紙とペンだけでも書くことができますが、それより使いやすくて複数のデバイスで利用可能なツールの方がもっと便利だと思います。今回の記事でれいにする無料マインドマップ作成ソフト「GitMind」がおすすめです。

評価: 4.3 / 5 (合計15人評価) ご評価をいただいて誠にありがとうございました
avatar
著者: 関連カテゴリ: 未分類. 前回更新 2021/11/25

コメントを書く

お名前を記入してください!
コメント詳細を記入してください!

コメント (0)