勉強や作業の年間計画の立て方

前回更新 2022/01/06 更新者

年間計画とは、年間目標を達成するための具体的なやリ方を指します。もし明確な計画がないと、目標に沿っていないことをしてしまい、目標を達成するのが困難になります。年間計画を作るには難しそうですが、実はコツや便利アプリを使えば非常に簡単になれます。今回の記事では年間計画作り方について説明していきます。ぜひご参考ください。
GitMind無料ダウンロード

目次

どうして年間計画を作るのか?

未来計画表

「1年に12か月あります。時間がとても多いですよ。なぜ心配するのですか?」っと考えている方々が多いでしょう。でも実はそうではないです。一年に確かに12ヵ月あるが、時間が思った以上速いです。そして年間目標はきっとそんなに簡単ではないでしょう。ですので、月や四半期などの目標に分解すると、達成が容易になります。それは年間計画の役目です。

年間計画の作り方

年間計画作り方

より良い年間計画書を作るにはいくつかのコツがあります。以下の内容をご参照ください。未来計画表を作ってみましょう。

  1. 目標を明確にする
    明確な目標は達成するまでの第一歩です。目標がないとどこに行くかが全然わからないでしょう。
  2. 年間目標を12または4に分割する
    「千里の道も一歩から」ということわざがありますよね。同様に大きな目標は分解して、一歩ずつで達成すればいいです。
  3. 目標達成かどうかを測る指標をもつ
    毎月または四半期ごとに、段階的な目標が達成されているかどうかを確認します。次に、具体的な達成状況に応じて調整します。
  4. 時間管理
    時間は決して無制限ではありません。限られた時間でできるだけ効果的なことをします。

便利な年間計画アプリおすすめ

年間計画を作るアプリはたくさんありますが、ここで最も効果的なものをお勧めしたいと思います。

GitMind

「GitMind」はマインドマップ作成アプリです。マインドマップで計画を作ると、目標の分解も時間管理も、そして目標達成かどうかとその原因の分析も簡単にできます。GitMindのおすすめポイントは以下です:

  1. 年間計画テンプレートを含む、様々なマインドマップテンプレートが用意
  2. 綺麗なテーマがたくさん提供、計画の作成は面白くなれる
  3. 共同作業機能がある。チームなら全員で一緒に作成可能
  4. Web、PC、スマホ、デバイス間でアカウントとデータ同期
  5. 画像、リンク、コメントの追加
  6. 背景色やノード色、関係線の色、レイアウトなどのカスタム
  7. Word、PDF、JPG、PNGなどの形式で出力
  8. パスワードと有効期限をつけて共有
  9. OCR(画像をテキスト化する)機能、閲覧モード、アウトラインモード

これら実用機能のおかげで、年間作業計画は誰でも立てます。GitMindのWeb版とPC版はマインドマップだけでなく、フローチャート作成も可能です。流れ図の作成機能やUML図、組織図、ツリー図などのフローチャートテンプレートもたくさん用意されています。

一方、アプリ版ではマインドマップの機能しかありませんが、WebとPC版と同じく、様々なテンプレートやテーマが用意され、そしてOCR機能や閲覧モード、アウトラインモードなどがあります。移動しながらマインドマップの修正や閲覧する必要があればぜひ一緒に利用してみてね。

GitMindマインドマップアプリ

まとめ

年間目標アプリや年間計画の立て方は以上でした。年間計画を立てると、年間目標をよりよく達成できます。上記のコツに従って、マインドマップアプリ「GitMind」を利用して、あなたの年間計画を作ってみましょう。

評価:4.3 /5(合計11人評価)ご評価をいただいて誠にありがとうございました
avatar
著者: 関連カテゴリ: 未分類. 前回更新 2022/01/06

コメントを書く

お名前を記入してください!
コメント詳細を記入してください!

コメント (0)