5W1Hとは?5W1Hの書き方・使い方及び順番の詳しい説明

前回更新 2021/06/11 更新者

5W1Hとは、内容を相手に正しく伝えるために、6つのポイントを沿って情報を整理したり、考えたりすることです。5w1h思考を身に付ければ、どんな場合、どんな状況でも上手く対応できます。今回の記事では5w1hの順番や使い方、そして5w1h表を作成する方法について説明したいと思います。
無料5W1HツールGitMind

目次

5w1hの要素と正しい順番

5W1Hの意味が分かった後、以下で具体的な要素と正しい順番を見てみましょう。5W1Hの「5W」は5つの「W」の意味であり、「1H」は1つの「H」のことです。意味は以下です:

  • いつ(When)
  • どこ(Where)
  • 誰(Who)
  • 何(What)
  • なぜ(Why)
  • どのように(How)
5w1hテンプレート

5w1hの使い方と読み方

よく聞かれるのでここで説明します。5W1Hの読み方は「ご・ダブリュー・いち・エッチ」です。5w1hは社内会議やビジネス文書、スピーチコンテストなどの様々な場面で使えます。要素だけ見れば覚えにくいと思いますので、以下では5w1h例文に合わせて5w1hの使い方を理解しましょう。

  • いつ(When):先週の火曜日
  • どこ(Where):社内の会議室で
  • 誰(Who):チーム全員
  • 何(What):第2四半期の売り上げについて
  • なぜ(Why):売り上げを第1四半期の2倍を超えるため
  • どのように(How):イベントを企画する

5w1hの使い方は上記内容のように、6つのポイントに沿って考えてからコミュニケーションをすることです。
また、5w1hは正しい順番がありません。具体的な状況によって順番を変えることができます。例えば原因を先に説明したい場合、なぜ(Why)からスタートにすればいいです。最も重要なのは5w1hの要素を利用して考えることです。

5w1h表を作成する無料ツール

5w1h表を書くには作図アプリが必要です。5w1hを作成できるソフトが多いですが、ここでは最も使いやすい初心者向けのツールを紹介したいと思います。「GitMind」はオンライン無料で利用できるマインドマップアプリであり、フロー図やUML図、ネットワーク図、家系図、組織図、ER図などの図表の作成が手軽にできます。5w1h表を作成するにはフローチャート作成機能でできます。詳しい書き方について以下の内容をご参考ください。

  1. GitMind公式ページにアクセスして「今すぐ無料作成」を押します。
    編集ページへ
  2. 「新しいフローチャート」を押してフロー図作成画面へ進みます。
    フロー図作成画面へ
  3. 左側で円形をクリックすれば用紙に追加されます。「Ctrl」を押したまま円形をドラッグしてさらに追加します」。6つの円まで追加し、これらの円を大きな円に並べます。
    円形を追加する
  4. 文字を追加するには、円をクリックして直接に入力すればいいです。
    文字を入れる
  5. 図形に色をつけたい場合、図を選定してから、ペイントバケツアイコンをクリックして色を選んでつけます。
    図形に色つける
  6. 図形の外で文字を追加したい場合、「挿入」>「テキスト」の順にクリックして追加します。追加された文字のサイズやフォント、場所を調整可能です。
    テキストボックス
  7. もちろん、順番を表示する矢印も追加し、色や場所そしてサイズを調整できます。
    矢印を追加
  8. 5w1hフレームワークを作成終わったら、「エクスポート」をクリックして形式を選んで保存します。または共有やGitMindでプロジェクトファイルを保存します。
    保存と共有

最後に
5w1hの書き方や5w1h分析方法は以上でした。5w1h覚え方と言いますと、やはり要素間の関係を理解することですね。皆さんもこの分析法をできるだけ多く利用し、5w1h思考法を身につけましょう。覚えにくいと思う方々はぜひGitMindを使って5w1h表を作ってみてください。視覚化されましたらより覚えやくなると思います。

評価: 4.3 / 5 (合計11人評価) ご評価をいただいて誠にありがとうございました
avatar
著者: 関連カテゴリ: 未分類. 前回更新 2021/06/11

コメントを書く

お名前を記入してください!
コメント詳細を記入してください!

コメント (0)