論理的思考トレーニングする方法おすすめ

前回更新 2021/05/24 更新者

論理的思考(ロジカルシンキング)とは、物事の論理的な繋がりを捉えて理解し、矛盾や飛躍のない筋道を立てる思考法です。普通の考え方より、論理的思考方の方がもっと効果的ですが、身に付ける方法を知らない限りトレーニングできないでしょう。ですので今回は論理的思考鍛える方法を紹介したいと思います。利用すれば誰でも頭がよくなれると思いますのでぜひご参考ください。
思考力を鍛えるツールGitMind

目次

論理的な考え力が足りない人

論理的思考力足りない人
  • 問題が発生した直後に答えを見つける
    今の時代インターネットのおかげで何でも検索できるから、問題が発生した後すぐに検索して答えを見つけるでしょう。そうすれば脳は使わないほど思考力が低くなります。
  • 客観的に考えることができない
    なにもかも自分から考えているので、物事の全体を把握できません。片側だけで分析すれば正しい答えが出ません。
  • 頭の中の考えが言葉にできない
    論理的な考え力がない人は思考の整理が弱いため、考えることを言葉で明確に表すことができません。そのため、学校でも社内でもコミュニケーションが苦手で社交にとてもよくないです。
  • など

考える力の鍛え方

論理的思考鍛える方法
  • 物事に好奇心を持つ
    物事に「どうして?」「何のために?」「どうやって~~?」という好奇心を持っている方のほうが、根本的な原因や解決策を見つけるのはより簡単です。飛行機や照明などの発明者は好奇心を持っているからこそ、偉大な発明家になれるわけです。繰り返して考えるという習慣を形成したらきっと考え力をアップできます。
  • 考えることを理解できるように伝える
    言葉の表現力は論理的な思考をあげるためにとても役に立ちます。また、できるだけ曖昧な表現をしないことはポイントの一つです。具体的な数値や専門用語の方がもっと頭をトレーニングできます。
  • 書く
    論理的に考える時、頭の中より書いたほうが分かりやすいです。見ることはよりよく脳を刺激し、創造力をあげることができます。今度物事を考える時にぜひ試してみてくださいね。
  • ニュースを読む
    ニュースなどの記事は論理の展開で作成しましたため、作者の論理的思考方法が学べます。そして、ニュースを読んで原因や物事の展開などを自分で分析してみましょう。知識や現在の政治的ポイントを覚えながら論理的な思考力をトレーニングできます。
  • 結論から言う
    結論から言うことは、相手に一番大事なことを先に伝えたので会話の効率を大幅にあげます。それだけでなく、結論から考えることはフローチャート図のように物事の流れをより良く把握し、論理的思考力をあげます。

論理的な思考力を鍛えるツール

思考力を鍛える方法のその三 – 「書く」の通り、考えていることを書いたほうがもっと視覚的で、分析しやすいです。それゆえに論理的思考能力をあげるツールを紹介します。
思考整理を言いますと、思考を整理したり、発想したりするマインドマップがすぐに思い出すでしょう。今市販しているマインドマップアプリが多いですが、ここでとても使いやすくて無料で利用可能なツール「GitMind」がおすすめしたいと思います。

マインドマップ例

「GitMind」はフローチャート、UML、システム構成図、組織図、関係図、特性要因図、論文概要などの作成を行うことができるWebベースアプリです。色んな種類のマインドマップテンプレートやテーマ、背景画像などが用意され、作成がもっと楽しくなれます。さらに共同編集やPDF、Word、JPG、PNGなどの形式での出力ができるため、様々なニーズを満たすことができます。
初心者の方々のために、基本的にマウスだけで操作できます。だからGitMindの使い方は非常に簡単です。初めての方々でも心配なく利用可能です。

GitMind

終わりに
自分で考える力を鍛える方法を紹介しました。上記の方法を従って訓練すればきっと論理的な思考力を身に付けます。トレーニング時にマインドマップツールが必要だと思います。思考の整理や発想、そして物事の流れの分析に非常に有利だと思います。では、頭がよりよくなれますように、一秒も早く鍛え始めましょう。

評価: 4.8 / 5 (合計13人評価) ご評価をいただいて誠にありがとうございました
avatar
著者: 関連カテゴリ: 未分類. 前回更新 2021/05/24

コメントを書く

お名前を記入してください!
コメント詳細を記入してください!

コメント (0)