ボキャブラリーマインドマップで英単語を覚える方法

前回更新 2019/10/25 更新者

語彙というものは、どんな言語においても基本となります。新しい言語を学ぶ際、学習者は出来るだけ多くの語彙をインプットする必要があります。一般的に、言語の習熟度は学習者の語彙の知識に大きく左右されます。しかし、ボキャブラリーマインドマップは、英語の単語や表現の関係を非直線的に示すことで、これらを学ぶ際に効果的なツールになりえます。皆さんが第二言語を学んでいるなら、意味、使用法、コロケーション、カテゴリーに応じて分類するために、マインドマップボキャブラリーブックを製作することをおすすめします。それでは、視覚的に語彙を学ぶ助けとなるマインドマップを見ていきましょう。

ステップバイステップのボキャブラリーマインドマップの作り方

liveの品詞
  • ボキャブラリーマップを作るために適している語彙

全ての単語にボキャブラリーマインドマップを作る必要はありません。ほとんど使われないような単語のマインドマップを製作する意味はないですよね。いくつかの組み合わせやコロケーションがたくさんある語彙が、ボキャブラリーマインドマップの中心トピックです。

  • 辞書で調べる

語彙の言外の意味、類義語、コロケーションを辞書で調べましょう。広範囲に渡る意味に恐れることはありません。これらは、あなたのボキャブラリーマインドマップの構成要素です。別の言葉で言えば、言葉を深く知れば知るほど、より早く簡単に言語を身に着けることができるということです。

  • マインドマップで視覚化する

柔軟なマインドマップツールの活用によって、ものの数分でボキャブラリー
マインドマップ を作成することができ、ターゲット言語の理解レベルを高めることが可能です。ここでおすすめしたいのがGitMindという無料オンラインマインドマップツールです。

ボキャブラリーマインドマップの使用

類義語のためのマインドマップ

何かをはっきりと正確に口にするために一生懸命考えなくてはいけないというような状況になったことはありませんか?ほとんど同じようなことを意味する単語がいくつか思い浮かぶとしましょう。これが、「類義語」です。ボキャブラリーマップで類義語を集めることで、より深く単語の起源を深掘りして、その複雑さを吸収することができます。「LIVE(生きる)」という単語をマインドマップの中心に置いて、それから詳細な説明が必要な小枝をのばしていくために類義語を追加してください。次に示しているのは、GitMindによる「LIVE」の類義語のマインドマップです。

liveの類義語

コロケーションのマインドマップ

コロケーションは、たまたまというよりもより頻繁に起こるよく一緒に使用される2つ以上の単語の組み合わせのことです。例えば、「do homework(宿題をする)」、「save time(時間を節約する)」などは、よく使われるコロケーションです。「write homework(宿題を書く)」や「economize time(時間を経済的に使用する)」と言ったような言い方はしません。コロケーションを正しく使用することで、言語の素晴らしい理解力と言語をうまく話すことができるということを示して、他人を感心させることもできます。コロケーションのマインドマップを作成するためには、コロケーションが必要となる特定の状況を配置するような単語を考えつかなくてはいけません。次のボキャブラリーマインドマップのテンプレートは、「LIVE」をつかったコロケーションに関するものです。

liveのコロケーション

コンビネーションのマインドマップ

英語の文法では単語は様々なコンビネーションがあることを、皆さんご存知かと思います。それによって、様々な文法的な構成が生まれます。これは動詞で頻繁に起こるため、ここではよく使用されるコンビネーションの分類のマインドマップをご紹介します。ひとつの部門を中心的なトピックとして選択すると、ボキャブラリ―マップを容易に作ることができます。すべてを一つのマップにまとめるより、いくつかのマインドマップを作成することがよりおすすめです。

動詞のコンビネーション

終わりに

マインドマップを使用することで、リストに単語を書いていくよりも、新しい英単語をよりよく学べます。ボキャブラリーマインドマップの使い方を理解したところで、『美しいマインドマップの作成方法 – コツと原理』も読んでみてください。英単語を効果的に学びましょう!

評価: 4.8 / 5 (合計9人評価) ご評価をいただいて誠にありがとうございました
avatar
著者: 関連カテゴリ: 小技&ヒント. 前回更新 2019/10/25

コメントを書く

お名前を記入してください!
コメント詳細を記入してください!

コメント (0)