5分で分かる|エクセルを利用してフローチャートを作る方法

前回更新 2021/08/12 更新者

フローチャートとは、業務や物事の流れを表す図表であり、幅広く使われています。フローチャートの専門ソフトを利用して作ることはもちろんですが、実は皆さんがよく知っているソフトエクセルを利用しでも手軽に作成可能です。では、今回はエクセルでフローチャートを書く方法を紹介します。
GitMind無料ダウンロード

目次

エクセルでフローチャートを作る

Excelを利用してフローチャートが作れます。ステップはちょっと多くなりますが、他のソフトをインストールしなくても、業務フロー図などの図表を作成できることは便利でしょう。エクセルでフローチャートを作る方法を以下で詳しく説明しましょう。

  1. Excelを起動して、左上のマークをクリックして表全体を選定します。
    左上のマーク
  2. その後セルの境界線をドラッグで方眼紙に変換します。
    方眼紙にする
  3. 図形を挿入するには、「挿入」>「図形」の順にクリックします。「フローチャート」の下で図形をクリックして選択します。(図形の上にマウスを移動すれば、図形の用途が表示されます)
    図形を追加する
  4. その後方眼紙でクリックすればその図形を使用します。
    図形を方眼紙に追加する
  5. 後で追加された図形をきちんと配置するために、図形を選んでから「配置」>「グリッド線に合わせる」を選択します。
    グリッド線に合わせる
  6. 図形の色を選択したり、サイズを自由にドラッグして変更したりすることが可能です。
    図形の色を変える
  7. ニーズに合わせて、上記の手順を繰り返してひし形や記号などのフローチャート用の図形を追加します。(同じ図形を追加したい場合、Ctrlを押しながら図形をドラッグするだけです)
  8. 図形を選択して直接にキーボードで文字を入力できます。左揃え、右揃えなどを設定するには、「ホーム」タブを選択してから調整します。
    図形に文字を入れる
  9. 図形の挿入が終わった後、順番を表す矢印を追加する必要です。「挿入」>「図形」の順にクリックして、線の下で矢印を選んで追加します。
    矢印を使用する
  10. 矢印などの線の色を設定可能です。
    矢印の色を変更する
  11. 図形の外で文字を追加したいなら、「図形」>「基本図形」の下で1番目、2番目を選択します。(1番目は横文字で、2番目は縦文字です)
    文字ボックスを入れる
  12. その後方眼紙でクリックすれば文字ボックスが表示されます。文字を入力してから、ボックスの大きさや場所を自由に調整できます。
    文字ボックス

フローチャートループの作り方

フローチャートループは、繰り返すための条件を書く図のことです。つまり目的に至るまでの条件と処理方法を書いた図です。一般はフローチャート繰り返しの条件は2つ(「できた」と「できていない」)あります。エクセルでループ処理のフローチャートの書き方は以下です。

  1. 「図形」>「四角形」の下「片2つの角を切り取った四角形」を選択します。方眼紙にクリックして追加した後サイズを調整します。
    ループの開始図形を入れる
  2. 同じ図を追加した後回るマークをドラッグして図を上下逆にします。
    図形を上下逆にする
  3. それから真ん中で処理図形を追加します。図形の中で文字を入れたら完成です。
    ループフローチャート完了
  4. もう1つの種類のフローチャートループの例は以下です。
    他の種類のループフローチャート

以上は、Excelを利用してフローチャートの書き方でした。慣れたら美しいフローチャートを手軽に作ることができますので、皆さんもぜひ試してみてくださいね。

フローチャート作成無料ツールおすすめ

Excelを使ってフローチャートを作成できますが、たくさんのステップが必要で時間がかかります。そして初心者の場合図形の意味やフローチャートのルールなどが知らない場合なかなか始まらないでしょう。それゆえに、初心者向け迅速でフローチャートを作るオンライン無料ツールを紹介したいと思います。

「GitMind」は無料で利用できるWebマインドマップツールです。フローチャートやUML、ネットワーク図、ER図などのマインドマップを作成できます。おすすめしたい理由は、各種類の図のテンプレートがたくさんあり、開くと直接に使用可能です。さらに図形や文字、線などの追加はワンクリックだけで、初心者にとって超便利です。GitMindを使ってフロー図の書き方は以下です。

  1. GitMindの公式サイトにアクセスして「今すぐ無料作成」を押します。
    編集ページへ
  2. 左側で「フローチャート」を選び、利用したりフローチャートのテンプレートをクリックして選択します。右上にある「テンプレートを使用」を押せばテンプレートを利用できます。
    フローチャートテンプレートを選ぶ
  3. もし1からフローチャートを自作したい場合、「新しいフローチャート」を選択してください。
    1からフローチャートを作る
  4. 基本的に左側で図形や矢印、記号などをクリックするだけで使用でき、文字や画像、リンクなどの追加も手軽に行うことができます。
    フローチャート作成
  5. JPGやPNG、PDFなどの形式で保存でき、GitMindにプロジェクトファイルの保存も可能です。
    出力形式
  6. もちろん共有もありえます。
    共有

もしGitMindのもっと詳しい使い方を知りたければ、GitMindの使い方をご覧下さい。

最後に
excelでフローチャートの書き方は以上でした。Excelでフローチャートを作成する方法は難しくないので、慣れれば誰でも綺麗な流れ図を作成可能です。もっと簡単なフローチャートの書き方はGitMindを利用することだと思います。とても便利、そして無料で利用できるツールなので、ぜひ利用してみてください。

評価: 4.3 / 5 (合計16人評価) ご評価をいただいて誠にありがとうございました
avatar
著者: 関連カテゴリ: 小技&ヒント. 前回更新 2021/08/12

コメントを書く

お名前を記入してください!
コメント詳細を記入してください!

コメント (0)