Wordでフローチャートを作成する方法

前回更新 2021/06/04 更新者

フローチャートとは、作業等物事のプロセスの流れを示す図表です。簡単に言うと物事のやり方と手順を図で表示する図のことです。フローチャートを作成できるソフトがたくさんありますが、実は皆さんがよく使っている文書作成ソフトWordを利用しても簡単に綺麗なフロー図を作成できます。今回はWordを利用してフローチャートの書き方を紹介したいと思います。
フローチャート作成無料便利ツールGitMind

目次

Wordでフローチャートを作成する方法

ワードを利用してフロー図の作り方は「図形の挿入」と「SmartArt」の2つあります。「図形の挿入」は1からフローチャートを作成することで、「SmartArt」はワードが提供されているフローチャートテンプレートを利用して作ることです。以下ではこの2つの方法を詳しく説明していきましょう。

方法一:図形の挿入でフローチャートの書き方

  1. Wordを起動して「挿入」>「図形」の順にクリックします。そうすれば様々な図形が表示され、「フローチャート」の下で利用したいフローチャート記号をクリックして選びます。
    フローチャート記号を追加
  2. その後用紙でクリックして図形を挿入します。
  3. 同じ手順を繰り返してフローチャートに使用したい図形を入れます。図形の色や並べ方を変更できます。
    記号の色と並べ方を変更
  4. 「描画ツール」>「図形の効果」の順にクリックして、図形に影や反射、ぼかしなどをつけます。
    フローチャート記号に効果を付ける
  5. 図形を全部挿入したら、「挿入」>「図形」の順にクリックして、同じ方法でワードフローチャート矢印や線を入れます。
    フローチャート矢印を入れる
  6. 矢印の太さや色などの設定も可能です。
    線を設定する
  7. ワードでフローチャートを作成した後、「保存」をクリックしてフローチャートを保存します。

方法二:SmartArt機能でフローチャートを作る

  1. Wordを開いた後「挿入」>「スマート図形」の順にクリックすれば、フローチャートに利用可能なテンプレートがいくつかが表示されます。使用したい図形を選択して「OK」を押せば用紙に追加します。
    SmartArtフローチャート
  2. 項目をクリックしてワードフローチャート文字を入れ替えることができます。
    フロー図に文字を入れる
  3. フローチャートに項目を追加したい場合、左上隅にある「図形の挿入」の下で追加します。
    さらに記号を追加
  4. ワードSmartArtでフローチャートを作成した後、「保存」タブをクリックしてフロー図を保存します。

ここまでワードフローチャートの作成方法を説明しました。Wordは単なる文章作成ソフトだけでなく、フローチャート図の作成も行うことができます。実はたくさんの会社内ではエクセルやワードでフローチャートを作りますので、立派な会社員になりたければWordでフローチャートを作る方法をぜひ覚えてくださいね。

フローチャートはワード、エクセルどっちがおすすめという質問をされますが、作成したいフローチャート次第と思いますね。比較的にシンプルなフロー図ならワードの方がいいと思います。いくつかのテンプレートが用意され、初心者の方でもすぐに作成可能です。もしちょっと複雑なフロー図を作りたければやはりエクセルの方がいいと思います。エクセルでフローチャートの書き方は難しくないのでもし興味があれば利用してみてくださいね。エクセルとワードを利用して、フローチャートを作成する時のメリットとデメリットは以下です。

ワードエクセル
メリット使い方が簡単、smartartでテンプレートがいくつか提供表を方眼紙にできる、図形をきれいに並べる、任意の場所で文字ボックスの挿入が可能、プロなフローチャートの作成ができる
デメリット図形を綺麗に整えるのがちょっと面倒、特定の場所で文字の挿入が難しいテンプレートがない、フローチャートルールや記号の意味を知らないと作りにくい

おすすめの無料フローチャートツール

Wordでフローチャートを作成することができますが、正しく書けない初心者が多いでしょう。項目の追加や線の引くなどはめんどくさいと思っている方々のために、オンライン無料で利用できる、非常に手軽に利用可能なフローチャートツール「GitMind」を紹介します。
GitMindはオンライン無料で利用可能なマインドマップツールであり、フローチャートやUML図、ネットワーク図、人物関係図の作成が手軽に行えます。様々なテンプレートが用意され、開くとすぐに編集し、ドラッグアンドドロップでの操作のおかげで、初めての方々でも図形や線、フローチャート矢印などの追加ができます。GitMindを使ってフローチャートを作成する方法は以下です。

  1. GitMindの公式ページにアクセスして「今すぐ無料作成」をクリックします。
    編集ページへ
  2. テンプレートを利用、または「新しいフローチャート」を押して1からフロー図を作ります。
    テンプレートを選ぶ
  3. 左側のフローチャート矢印や図形、記号などをドラッグで用紙に追加して利用できます。
    フロー図記号を使用
  4. 図形をクリックすれば左、右、上、下への矢印が表示されます。クリックして同じ図形の追加が可能です。「Ctrl」を押しながら図形をドラッグしても、同じ図形を追加できます。
    図形をさらに追加
  5. 文字を入れたい場合、図形をダブルクリックして入力していいです。
    文字を入れる
  6. 画像やリンクなどを入れたいなら、「挿入」をクリックします。
    画像やリンクの追加
  7. フローチャート作成した後、「エクスポート」で異なる形式で保存します。または共有やGitMindで保存します。
    保存と共有

最後に
Wordでフローチャートの書き方とオンライン無料フローチャート作成ツールは以上でした。ワードを利用してフロー図の作成方法が知りたければ、他のソフトをインストールしなくてもフローチャートが作れます。一方、GitMindは初心者の方々がプロのようなフローチャートを作成できるために開発されたフローチャートWebツールですので、使い方は非常に簡単です。皆さんはニーズに合わせて選びましょう。

評価: 4.3 / 5 (合計20人評価) ご評価をいただいて誠にありがとうございました
avatar
著者: 関連カテゴリ: 未分類. 前回更新 2021/06/04

コメントを書く

お名前を記入してください!
コメント詳細を記入してください!

コメント (0)