UMLシーケンス図ツールおすすめ3選

前回更新 2021/08/12 更新者

シーケンス図は、UMLで規定された図の一つであり、オブジェクト間のやりとりを時系列的に表現したものです。とても実用的な図表なので、今回はシーケンス図のメリットや効果、そしてUMLシーケンス図を作るためのツールを3つ紹介したいと思います。
GitMind無料ダウンロード

目次

シーケンス図とは?

シーケンス図とは、プログラムの処理の流れやオブジェクト間の相互作用を時間軸に沿って視覚的に示す図表のことです。一般、エンジニアはよく使います。

シーケンス図のメリット

シーケンス図のメリットについて以下の内容をご参考ください。

  • プログラムの処理をよりはっきり読む
    文字だけでプログラムの処理を表すことは読みにくいでしょう。シーケンス図で表したら一目瞭然し、時間を節約できます。そしてシーケンス図のルールや表現は世界中のどの国でも一緒なので、他の国のエンジニアと一緒に働くても問題ありません。
  • 理解しやすい
    シーケンス図はエンジニアが使用している設計図ですが、処理の手順などを分かりやすく表現していますので、エンジニアではない方々でも読めます。
  • トラブルが発生した後素早くて処理できる
    オブジェクト間の相互作用を時間軸に沿って作成された図表なので、その一環で問題が発生したら、すぐに位置決めして処理することができます。

おすすめUMLシーケンス図ツール

GitMind

GitMindは、無料で使えるウェブベースのマインドマップ・作図ツールです。UML図の作成に必要な図形やアイコンが多く用意されていて、シーケンス図、クラス図、ユースケース図などのUML図を手軽に作成することができます。UMLシーケンス図ツールgitmind

Edraw max

Edraw Maxは、Edraw社が提供している作図ツールです。フローチャート、UMLモデリング、ネットワーク構成図、オフィスレイアウトなど、すべてEdraw Maxで対応できます。内蔵の図形と無料のテンプレートを利用すると、シーケンス図などの作成は簡単になります。UMLシーケンス図ツールEdraw max

Lucidchart

最後に紹介するのはLucidchart。Lucidchartは、海外で大人気のオンライン作図プラットフォームであり、フローチャート、モックアップ、UML、マインドマップ等の作成に非常に便利なツールです。公式サイトではシーケンス図の書き方が紹介されています。UMLシーケンス図ツールlucidchart

製品の比較

料金日本語対応対応OSテンプレート図形とアイコン共同編集機能
GitMind無料Windows、Mac、Android、iOS
Edraw max¥9,800から Windows、Mac、Linux×
Lucidchart$7.95/月からWindows、Mac

以上、おすすめのシーケンス図ツールについて紹介しました。他におすすめがあれば是非コメント欄で教えてください。

評価: 4.8 / 5 (合計18人評価) ご評価をいただいて誠にありがとうございました
avatar
著者: 関連カテゴリ: 小技&ヒント. 前回更新 2021/08/12

コメントを書く

お名前を記入してください!
コメント詳細を記入してください!

コメント (0)