マインドマップ無料ツール5選

前回更新 2021/06/22 更新者

情報をより簡単かつ迅速に覚えたい場合は、マインドマップを使用してください。熟考した概念とアイデアを視覚的で表示され、より速くり覚えることができます。さらに、長い情報を、脳で簡単に認識できるパーソナライズされた素晴らしいイラストに変換します。マインドマップは、創造的で効果的な方法で情報を整理するのに役立ちます。ですからこの記事では、無料で使える5つのマインドマップアプリをご紹介したいと思います。
今すぐ無料作成

無料マインドマップツール5選

GitMind

GitMind

GitMindにより、マインドマップをより簡単かつ迅速に作成できます。このツールは操作が非常に簡単で、シンプルなインターフェイスは通常のテキスト編集ツールに似ています。また、自動保存機能があり、保存せずに誤って閉じてしまった場合でも心配する必要はありません。フローチャートやUML、ネットワーク図などの図表をこのマインドマップ作成ソフトを利用すれば手軽にできます。GitMindを利用してマインドマップの書き方は以下です。

  1. GitMindの公式サイトにアクセスして【無料使用】をクリックしてマインドマップ作成ページを開きます。
    編集ページへ
  2. テンプレートを選び、または「新しいブランクマップ」、「新しいフローチャート」を選んで、1からマインドマップを作ります。(ここは1からマインドマップの作成を例にします)
    テンプレートを選ぶ
  3. ノードを追加するには、「Enter」キーをクリックし、サブノードを追加するには「Tab」キーをクリックし、親ノードを追加するには「Shift + Tab」キーをクリックします。
    マインドマップを作成
  4. フォントサイズ、スタイル、色、背景などを編集するには、上のテキスト編集オプションを使用します。ハイパーリンク、画像、コメントを挿入するには、上の挿入オプションを使用します。
    デザインを変更
  5. マインドマップのレイアウトを変更するには、レイアウトオプションを使用します。
    レイアウト変更
  6. 続行してマインドマップを作成できます。既に完了している場合は、他人に共有するか、共同編集を招待するか、画像などとして保存できます。
    マインドマップの共有と保存

Webツールだけではなく、最近GitMindはスマホ用の無料マインドマップアプリがリリースされました。完全無料で利用で、広告なし、Webツールと同じくたくさんのテンプレートが用意されています。登録したらWebで作成されたマインドマップはスマホで再編集したり、閲覧したり、共有や保存したりすることが可能です。

GitMindマインドマップアプリ

FreeMind

FreeMind

FreeMind は、マインドマップを無料で作成できるツールです。最もシンプルなマインドマップ作成ソフトの1つであり、初心者に推奨されます。簡単にグラフィカルなマインドマップを作成できる他、作成したマインドマップをPDFやPNG、HTMLといった形式で保存する機能も備えています。FreeMindで作成したマインドマップは自由に展開/折り畳みができ、またWebブラウザで動的に動くマップを作成することもできます。

Mind42

Mind42

Mind42は無料オンライン作図ツールです。サブノードには、メモ、ToDo、リンク、イメージ、アイコンの追加が可能です。作成されたマインドマップはデフォルトでプライベートですが、必要に応じて他の人とのマインドマップを共有することも可能です。

また、Freemind、MindManager、OPMLで作成したマインドマップを読み込んで表示させることもでき、同様に各マインドマップソフト形式や JPG / PNG / PDF 形式でのエクスポートにも対応しています。利用には簡単な無料会員登録が必要です。

MindManager

MindManager

「MindManager」はMindjetが提供しているマインドマップ作成ソフトであり、吹き出しやリレーションシップ、境界線、ハイパーリンク、添付ファイル、ノート、画像、ブックマークなど、さまざまなマップ機能が使えます。

「MindManager」は30日間の無料トライヤル期間があり、簡単な会員登録で使用可能です。OSにはWindowsとMacの両方で使用でき、エクスポートにはPDF、画像(BMP / GIF / JPEG / PNG / EMF / WMF)、HTML、Word、Outlookなど多岐に渡ります。

MindMeister

MindMeister

「MindMeister」は、オンラインで使用できるマインドマップ無料ソフトです。なので、ダウンロードや更新作業は必要ありません。使用できるOSはオンライン型なので、Windows、Macともに可能です。作成したマインドマップはPDF、PNG、JPEG、EPS でエクスポートできます。また、Googleドライブとも連携できるので、仕事上でファイルの共有などがある場合がかなり便利といえます。

まとめ

マインドマップ作成ソフトは多数あります。多数あるが故にどのマインドマップ無料ソフトを使っていいか迷うかも知れません。ここで紹介する5つのマインドマッピングツールは厳選したため、もし必要がありましたらぜひ利用してみてください。「GitMind」はテンプレートが多く提供され、初心者に一番お勧めします。

評価: 4.3 / 5 (合計14人評価) ご評価をいただいて誠にありがとうございました
avatar
著者: 関連カテゴリ: 未分類. 前回更新 2021/06/22

コメントを書く

お名前を記入してください!
コメント詳細を記入してください!

コメント (0)